ナックスボミカ

昨日から12月となり、早いもので今年もあと残すところ1ヶ月となりました。

12月は仕事をしている方もですが、家にいる方たちも大掃除やお正月の準備などで大忙しの月ではないでしょうか。
またこれからお正月にかけては、忘年会や様々なパーティーで仕事の同僚や友人たちと集まり飲食する機会も増える方が多いと思います。

何でもそうですが、『このくらい』という自分の加減を知って飲み食いすれば何も問題はないのですが、大勢集まり、またお酒の勢いも手伝って、ついつい飲みすぎたり食べ過ぎたりして胃腸の不調を訴える方もいるでしょう。

そんなときに活躍するのが、ナックスボミカ (Nux-v) というレメディです。

ナックスボミカはマチンという植物から作られたレメディです。
このレメディには、『...し過ぎる』というエネルギーがあり、消化器系(胃腸)にとても親和性があります。
そういったことからか、漢方では健胃薬、インドでは熱病や消化不良に用いられています。

食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、胃がムカムカしたりしますよね。
このように、何かをし過ぎてその結果起きる胃の問題に非常に効果があります。
働き過ぎ、遊び過ぎなどによって起きる胃の問題も、同じですね。

私自身も過去に何度かお世話になったレメディです。
食べ過ぎや飲み過ぎによって胃の不調が起きる方は、常備しておいた方が良いレメディの一つです。
[PR]
by livingwithcats | 2011-12-02 11:55 | ホメオパシー
<< ごぼう 断捨離、断捨離! >>