今日はナス科!

今日も昨日に続き、朝からホメオパシーの授業でした。
昨日は蜘蛛とハチのレメディを中心に勉強をしましたが、今日はナス科のレメディについて勉強しました。

ナス科のレメディの代表的なものといえば、Belladonna(ベラドーナ)。
Belladonnaは我が家でも使用したことがありますが、これは前兆の無い急な発熱や重い生理痛に大きな効果がありました。
また白黒映画しかない時代に瞳を生き生きと見せることを目的として、俳優さんはベラドーナを服用したそうです。
ベラドーナには瞳孔を散大させる効果があるからです。
その他にもStramonium(ストラモニアム)やTabacum(タバカム)、またハリー・ポッターにも登場したMandragora(マンドラゴラ)などがありますが、余り知られていないものばかりです。

ナス科のレメディは、暴力、恐れ、光と影、悪魔と天使などと大きな関係があります。
また面白いことにベラドーナの一般名の中にはデッドリー・ナイトシェイドやウィッチズ・ベリーいうものが、ストラモニアムの一般名にもデビルズ・アップルというものがあり、シャーマン教の儀式に用いられていたそうです。

今日勉強したレメディの一つに"Hyoscyamus(ハイオサイマス)"というのがあったのですが、この植物の花は太陽に向かって咲き、太陽が沈むと花を閉じます。
このことと関連するのですが、このレメディを必要とするクライアントは、隠すことと開示することに大きな特徴があります。つまり、隠したい人と、開示したい人の両方がこのレメディを必要とする場合があります。
ホメオパシーを専門的に勉強し始めて5ヶ月になりますが、どのレメディも必ずこのような2面性を持っているというのが非常に興味深いところです。

今月末には一般向けに『インフルエンザや花粉症などへのホメオパシー的備え』が開催されます。
花粉症の私もお手伝いを兼ねながら参加するつもりです。
興味のある方は、参加されてみてはいかがでしょうか。
a0048862_19323786.jpg

病気とは無縁の茶輔。
食べ過ぎてお腹はよく壊すんですけどね(笑)
[PR]
by livingwithcats | 2006-01-15 19:34 | ホメオパシー | Comments(2)
Commented by uchu-ends at 2006-01-16 08:47
二面性を持つと言うのは、バランスや調和を求めての事かしら?
関係ないですが、私は双子座で義母は天秤座でしたが、性格が似てました。(あははっ
tamaさん、世界がどんどん開けて来るね。
楽しそう!
tomokoが「tamaさんホメの後はハイだよ!!!!」と
自分も目をキラキラさせていましたよ。
Commented by livingwithcats at 2006-01-16 22:54
>uchu-endsママ
そうだと思う。
この世の中は全て相反する2つの面から出来ているでしょ。
人もそうだと思うのよ。
それは子ども見ればとても良く分かる。

へ~、ママさんは双子座か~。
うちは私はうお座、息子はかに座で二人とも水の星座です。

私の世界はどんどん開けていっているって本当に実感しています。
もっと知りたい、学びたいって気持ちが強くって。
もっと早くにこのときが訪れていたら...と思うこともあったけど、今がその時
なのでしょう。
また色々と経験したからこそ、今の自分があるんだと思う。
<< 盲視ってナンダ? Spider & Apis >>