手作り食

猫たちの食事を生肉中心の手作り食に変えて1年半になります。
それ以前にも犬のメイの食事を生食に切り替えた際にミイの食事も生食にしたのですが、そのときはそっぽを向かれ挫折。
けれど1年半前にホメオパシーと出会ったのをきっかけに、再度挑戦することにしました。

手作り食に切り替えての一番のメリットは、多くの食材を食べられるようになったこと。
我が家で与えている肉類は、主に馬・羊・ベニソンの3種類ですが、この他にうさぎ・鶏・牛、そして手に入ればカンガルーも与えます。
魚は生ならやはりアジ・カツオ・まぐろが大好物。
本来肉食の猫でも、日本の猫は魚を食べてきた歴史があるので、やはりどの子も魚は大好きです。
その他にもチーズ、ヨーグルト、卵黄、また野菜も肉に対する比率は小さいですが、ほとんど問題なく食べます。

手作り食にするとキャットフードを食べないのではという心配をする方もいますが、そんなことはありません。
私も手作り食が出来ないときはキャットフードを与えます。
やはり猫の嗜好性をよく考えて作られていることだけあって、いつでも良く食べます。

猫が必要とする栄養素を考えると手作り食は難しいと思われがちですが、我が家ではその辺りはあまり神経質に考えていません。
生肉にみじん切りにした野菜と卵黄、そして数種類のサプリメント(カルシウム、ビタミンC、ビタミンB、ビネガー、フラックスシードパウダー)を混ぜるだけ。
食いつきが悪いときはそこに猫缶を大さじ1ほど加えます。
a0048862_2351548.jpg

ミイとチイは切り替え当初から好き嫌いなくなんでも食べる優等生。
逆に一番梃子摺ったのが茶輔。
それでもそんな茶輔も、今ではパクパク、ムシャムシャと何でもよく食べます。

コツは気長に続けていくこと。
そしてこだわりを持ちすぎないこと。
好きな肉の種類や調理法など、猫によって違います。
何を好むのか、それを探るのもまた楽しいのではないかと思いますが、それには飼い主の心の余裕が大切でしょう。

ただ肉類を加熱すると生肉にあるタウリンが無くなってしまうためタウリンを、そして魚は体内のビタミンEを壊してしまうのでビタミンEを必ず添加しなくてはなりません。
[PR]
by livingwithcats | 2006-04-04 23:38 | 猫たちの食事 | Comments(8)
Commented by magic-days at 2006-04-05 08:30
それには飼い主の心の余裕が大切でしょう。>
これが1番必要な気がする。(私の場合
それと栄養学が普通に分かっていて、取り立てて勉強しなくても
組み合わせが出来る事かな?
気長にする事は出来そうだけど・・・
あずとなおを愛してもいるよ。
だけどtamaさんがしてるから、やってみたんだけど
私は人間のための料理だけでお手上でした。
でもいつかそれこそ心に余裕が出来たら、チャレンジしてみたい。
やっぱり、良い事はやってみたいもの!

このちゃーちゃん、痩せて無い?
心なしかスマート!それともこれはチイちゃん?
あっ!茶輔って書いてある。間違えられるとtamaさんも
思ったんだ!(笑
Commented at 2006-04-05 09:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by livingwithcats at 2006-04-05 12:29
>magic-daysママ
>それと栄養学が普通に分かっていて、取り立てて勉強しなくても
組み合わせが出来る事かな?
正直、栄養素について獣医につっこまれると答えられない私(苦笑)
でもさ、人間の食事もそうだけど、必要栄養素を日々細かく考える人は病気を持っていない限り、あまりいないでしょう。
うちの場合は猫も同じ。

それに比べると、昔の犬猫はすごかったよね。
犬は残飯、猫だってオカカご飯で生きていたんだから。
今は犬や猫の食事内容も当時に比べたら非常に良くはなったけど、
それでも究極な話し、生きる子は何を食べても生きるんだよなぁ。

ただ一つ、生食にして困ったことは、私たちの食事にも興味を持ってしまったこと(苦笑)
茶輔なんて、私の口元の匂いをフンフン嗅ぐし、ちょっと余所見をすると、
箸の先を舐めたり齧ったりしてる。
お刺身、焼き魚は猫たちが集まってきて身を乗り出すので、ゆっくり食べられません。

ところで、この写真の茶トラはミイだよ~!(笑)
心なしか痩せた?どころか、体重は1キロ弱違うのよ。
同じ写真でミイと茶輔が入れ替わっているのがあるから、今晩アップするよ~。
Commented by livingwithcats at 2006-04-05 12:30
>鍵コメさま
みち○くさんには馬をオーダーしてみました。
事前のメールで時間がかかるとあったので、少し余裕を持ってオーダーしたんだけど、オーダーの3日後には届いちゃいました(苦笑)
鹿は残念ながらずっと売り切れ。
来シーズンまで入荷しないのかなぁ。

入院している猫さん、具合が悪くても食欲があるなんてすごい!
生命力を感じるなぁ。
一日も早く状態が落ち着いて、お家に帰ってこれますように。
Commented by oshare40 at 2006-04-05 17:35
うちは、GENミートさんの牛肉の角切りが大好きなの。だから、どうしてもビーフ中心になります。次が、ターキーブレスト、ウサバラミンと続きます。うちの猫の場合、鹿はファームさんのしか食べなかったので、当分おあずけ。100さんに、馬肉は一番いいとあったでしょう。馬肉は鶏肉ともどももお気に召さないようで、心配しています。
Commented by magic-days at 2006-04-05 20:21
ミイちゃんか!スマートで綺麗だよね。
ちゃーちゃんと間違えて気を悪くしてるかな?
奥にちょっと身体の1部見えるのがちゃーちゃんなのね?
うん、アップ楽しみに待ってるよ。
Commented by livingwithcats at 2006-04-05 22:26
>oshareさま
うちもGENさんの牛は試したけどだめだったなぁ。
oshareさんのところの猫さんたちの好みを見ると、ホント、猫によって好きなお肉って違うね。
うちはターキーもだめ。
赤味の肉が好きみたい。
馬肉もね、お店によっては全く食べないのもあるのよ。
100さん、若〇さんの馬肉は不評だけど、GENさん、なみかたさん、みちのくさんの馬肉はよく食べる。
それと形体も大事みたい。
友人宅の猫はミンチよりスライスが好きだそうです。
Commented by livingwithcats at 2006-04-05 22:28
>magic-daysママ
ミイは自慢の猫なのよ~。
性格いいし、綺麗だし。
大家さんも「この子、かわいいわねぇ~」と、ミイをみると必ず言ってくれるの。
>ちゃーちゃんと間違えて気を悪くしてるかな?
大丈夫。大らかというか鈍いので、多分気が付いていない(笑)
今週末は2匹の違いをカメラに納めてみます。
<< 茶トラ~その1 新年度 >>