20キロのお肉

一昨年の秋から始めた手作り食。
色々と苦労はありましたが、ほぼ全員95%を手作り食に切り替えることができました。

5%はスプーン一杯の猫缶やカリカリ。
これがなくても食べることは食べるのですが、あったほうがより食いつきが良いのです。
以前食事の相談をしたホメオパスからも、「その程度なら許容範囲」と言われ、何もきっちりやる必要はないと割り切っています。

そんなわけで大型冷凍庫にストックしていたお肉も順調になくなり、今日新たに20キロのお肉を3軒のネットショップに注文。
馬肉15キロ、馬肉内蔵肉2キロ、それに鹿肉3キロ。
いつもならこれにラムとベニソンが加わるのですが、こちらはまだストックがあるので今回は注文しませんでした。

このうちの1軒は注文してから配達まで結構時間がかかるので、今回はそれを予測して他のショップに併せて注文したのですが、在庫があったのか明日全てのお肉が届くことになりました。
あ~、大型冷凍庫があって良かった!

生のお肉を食べさせることは衛生的に良くないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、うちの猫たちは食べすぎが原因で軟便になった子はいても、生肉が原因で病的な下痢を起こした子はいません。
また生肉自体が水分を多く含んでいるため、普段余り水を飲まない猫にとっては、良い水分補給となっているようです。
水分を多く摂れるということは、腎臓病の予防にもなります。
多くの猫たちが腎臓を患っているのを見聞きしていることもあるので、我が家では早いうちから予防するようにしています。
またカルシウムについては、腎臓に負担の少ない海藻由来のものを使っています。

私はとても大雑把な性格なので、栄養素のことを細かく考えていたら、とても手作り食なんて続かなかったでしょう。
けれど人間の食事同様、1週間単位で必要なものが摂れるようにすれば良いと思っています。
そして迷ったときは、サバンナで暮らすライオンなどの猫科の動物の食事風景を想像しています。
a0048862_21201756.jpg

ある日の食事: ベニソン、卵黄、キュウリ、トマト、パセリ。
サプリメントはカルシウム、ビタミンC、アップルビネガー、フラックスシードパウダーを加えます。
パセリは腎臓にとても良いハーブなので、我が家ではできるだけ食事に加えるようにしています。
[PR]
by livingwithcats | 2006-05-18 21:32 | 猫たちの食事
<< 生食のススメ~その1 里親さん、決まりました。 >>