20キロのお肉

一昨年の秋から始めた手作り食。
色々と苦労はありましたが、ほぼ全員95%を手作り食に切り替えることができました。

5%はスプーン一杯の猫缶やカリカリ。
これがなくても食べることは食べるのですが、あったほうがより食いつきが良いのです。
以前食事の相談をしたホメオパスからも、「その程度なら許容範囲」と言われ、何もきっちりやる必要はないと割り切っています。

そんなわけで大型冷凍庫にストックしていたお肉も順調になくなり、今日新たに20キロのお肉を3軒のネットショップに注文。
馬肉15キロ、馬肉内蔵肉2キロ、それに鹿肉3キロ。
いつもならこれにラムとベニソンが加わるのですが、こちらはまだストックがあるので今回は注文しませんでした。

このうちの1軒は注文してから配達まで結構時間がかかるので、今回はそれを予測して他のショップに併せて注文したのですが、在庫があったのか明日全てのお肉が届くことになりました。
あ~、大型冷凍庫があって良かった!

生のお肉を食べさせることは衛生的に良くないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、うちの猫たちは食べすぎが原因で軟便になった子はいても、生肉が原因で病的な下痢を起こした子はいません。
また生肉自体が水分を多く含んでいるため、普段余り水を飲まない猫にとっては、良い水分補給となっているようです。
水分を多く摂れるということは、腎臓病の予防にもなります。
多くの猫たちが腎臓を患っているのを見聞きしていることもあるので、我が家では早いうちから予防するようにしています。
またカルシウムについては、腎臓に負担の少ない海藻由来のものを使っています。

私はとても大雑把な性格なので、栄養素のことを細かく考えていたら、とても手作り食なんて続かなかったでしょう。
けれど人間の食事同様、1週間単位で必要なものが摂れるようにすれば良いと思っています。
そして迷ったときは、サバンナで暮らすライオンなどの猫科の動物の食事風景を想像しています。
a0048862_21201756.jpg

ある日の食事: ベニソン、卵黄、キュウリ、トマト、パセリ。
サプリメントはカルシウム、ビタミンC、アップルビネガー、フラックスシードパウダーを加えます。
パセリは腎臓にとても良いハーブなので、我が家ではできるだけ食事に加えるようにしています。
[PR]
by livingwithcats | 2006-05-18 21:32 | 猫たちの食事 | Comments(12)
Commented by さなぴー at 2006-05-18 22:30 x
子猫さんたち、よかった!
報告してなかったけど、去年の12月に黒猫と出会って、いろいろあって、
結局うちの子になり、今7にゃんずです。
猫同士うまくいくかなって、ちょっと心配もあったけれど、みんな仲良くやってます。
特にマイちゃんが気が合うらしく、男の子にはフーシャー言うのに、クロミちゃん(黒猫)とは、楽しそうに走り回ったりしてます。
女の子同士はあまり仲良くないって聞いたことがあるけど、姉妹のようにしています。
先日、ペルの去勢手術も終わり、全員避妊済みになりました。
ギャオペルコンビには、頭が痛い時もあるけど、みんなむっちゃくちゃ可愛いです。
余談ですが、今日、老犬を保護しました。
首輪をしていて、鎖が繋いであったらしき箇所が切れているので、
捨てられたわけじゃないようです。
もし飼い主が見つからなかったら、ずっとうちにいてもらう覚悟です。
犬に関してはほとんど無知なので、ちょっと心配ですが、なんとかやってみます!
では、また。
Commented by いずみ at 2006-05-19 10:58 x
こんにちは!
私も手作り食への切り替えを目指しています。
挫折を繰り返し(苦節3年、、泣)今年からやっと!生肉を少しずつ食べてくれるようになりました。私の無知によりストルバイト結石になったことがあって以後食事にはとても過敏になっていました。
なぜ急に食べてくれるようになったのか、
私がリラックスしたことも大きいと思います。完璧を目指しすぎてあせっていましたから。「食べてくれ~~」光線がきつかたのでしょうねぇ(笑)

まだササミと砂肝しか食べてくれないのですが、今度馬肉にトライしてみます。今日のごはんの画像助かりました~。私の持っている本は写真が無いのでイメージしづらかったのです。野菜のみじん切の加減とか。

また記事楽しみにしています!
Commented by 多紀 at 2006-05-19 11:54 x
あ、さなぴーさんだ。お久しぶり~。マイちゃんはまだたっちしますか?(笑)

tamaさん、決めたわ。この美味しそうな画像を見て、私も本腰を入れる。
いずみさん(はじめまして)が3年かかってがんばってるなら、私も気長にがんばってみます。

ちーは大丈夫ってほぼ確信してるんだけど、たきがなあ。
しかしおいしそうだ。
Commented by livingwithcats at 2006-05-19 12:15
>さなぴーちゃん
仔猫たちのこと、気に掛けてくれてありがとう。
7ニャンズかぁ~、とうとう家より多くなっちゃったね(笑)
そして新たに老ワンちゃんを保護。
やさしいさなぴーちゃん、どうか無理をしないようにね。

マイちゃんとクロミちゃん、仲が良いなんて素晴らしい~!
確かに我が家でも女の子同士はダメだわ。
一度2匹が寄り添っている写真をここでも紹介したけど、あの後すぐに
叩きあいが始まるし...。
両方とも三毛なので、強いのかもしれないなぁ。

それに比べて男の子たちはのほほ~んとしてます。
もちろん取っ組み合いもありますが、ケンカまで発展することはないし。
彼らは美味しいものおなかいっぱい食べて、撫でてもらって、安心して
眠れればそれで良いみたい(笑)
単純ですな。
Commented by livingwithcats at 2006-05-19 12:22
>いずみさま
私も過去に一度、挫折しているのですよ~(苦笑)
それでもその時ご飯に砂掛けしていた子は、何でもパクパク食べてくれています。
うちの場合、同じ馬肉でもショップAのものは食べてもショップBのものは
食べなかったり。
またショップAのひき肉は食べてもスライス肉は食べなかったりと、
最初はかなり苦戦しました。
牛や鶏などは、ネットで買ったものは食べてくれませんが、私たち用に
『大地を守る会』や生協で買ったお肉は、まな板に乗ってでも食べたがります(笑)

また猫によっては赤身が好きな子、内臓が好きな子、淡白なお肉が好きな子と様々。
うちではどんな肉でもちゃんと食べてくれるのはチイだけで、後の子たちは好みがはっきりしています。
でも、それに好きなものをトッピングしてあげると今では食べてくれるようになりました。

放置しているサイトに以前毎食の記録を残していたのですが、どれも同じような写真で止めてしまいました。
それでもお役にたてるのなら、またこちらで時々載せてみますね。

ご苦労もあるかと思いますが、気長にやっていってくださいね~。
Commented by livingwithcats at 2006-05-19 12:28
>多紀さま
おお~、とうとう決心しましたか~(笑)
猫はホント好みにうるさいから苦労する子が多いそうです。
うちは比較的スムーズに切り替えることができたので、ラッキーな方だと思いますよ。
好きなお肉、好きな形態を見つけてあげることが大切だと思うよ。

サプリはその風味を嫌う子もいるので、まずは一切れ上げてみる。
盛岡だったら、短角牛(高級品!)なんてどうかしら~。
家の猫たちは短角牛、大好きよ~。
いわゆる家畜の肉はこだわりのあるものを家の猫たちは好むので、もしかしたら違いがわかるのかなぁ~と思ったりもしてる。

好きなフードに混ぜて、食べるようなら少しずつ生肉の比率を多くして。
そのうち気がついたら、「あ、全部生肉じゃん!」ってことになったら面白いなぁ~。
たきちゃん、茶トラだから、そういうこともアリのような気がするよ(笑)
Commented by 多紀@職場 at 2006-05-19 14:27 x
短角牛〜〜? 前沢牛とかも〜?(笑)
ネット注文もいいけど、手近でできるものからでもいいよね。
ドライしか! 食べないたきだけど、先日、母がある人から
「ドライしか食べない猫は病気になったとき惨めよ〜」と言われ、
ショックを受けて帰ってきたので、協力してくれそう。
やっぱりバリエーションがあっておいしそうなもので、
「うまい!」って食べるのを楽しんでほしいなあ。
やってみる。週1とか、レクチャー編をエントリしてくれるとうれしいなあ
※先週、予期せず硬くてまずい肉を外食して、生まれて初めて胸が痛くなった私…て関係ないことを失礼しました。
Commented by livingwithcats at 2006-05-19 15:07
>多紀さま
よっしゃー(って大塚投手みたい)、週1で生肉エントリーしよう!
栄養面で突っ込まれると、勉強嫌いな私としてはちと辛いけど(笑)
でもさ、サバンナのライオンたちがそういうこと、神経質に考えて食べているとは、思えないしね。

生肉に替えて良かったと思うことは、とにかく何でも食べること。
肉だけでもかなりの種類を食べるし、魚だって好きだし、もちろん嗜好性の強い缶詰やカリカリだって好き。
食べること=生きること、そしてフルタイムで働いている私は食べなくなったら強制給餌もできないわけで、そうなると、食べない=死となってしまうから。

>ネット注文もいいけど、手近でできるものからでもいいよね。
その通り!
自分が食べるお肉をちょっと猫たちに切り分けてあげる程度からスタートすれば良いのよ~。
赤ちゃんの離乳食を作る感覚で、猫たちの食事が自分たちの食事の一部と考えればよいと思うよ。

気張らず、気楽に、そして適当にが、長続きのコツです(笑)
Commented by いずみ at 2006-05-19 22:52 x
週1生肉エントリー!わくわくです。

多紀さま、はじめまして。
わたしの苦節を参考にしてくださって嬉しいです。
tamaさまのおっしゃる
「気張らず、気楽に、そして適当に」すっごく納得です。
わたしも頑張ります!家族みんなでしあわせごはん。
Commented by marie at 2006-05-19 23:26 x
私も、週1生肉エントリー楽しみにしてます!

生肉に切り替えようと思いつつも、どうせ食べてくれないのが目に見えてるしで、なかなか実行に移せませんが…。あぁ、でも食べてくれると嬉しいなぁ。
何度かスーパーで買った、ささみ、鶏胸肉、牛肉、豚肉を上げたことあるんですが(豚肉は完全に火を通してから。他は半生)、きまぐれでササミは食べてくれる時があるけど、胸肉は絶対にダメ。わずかに臭いが違うんでしょうかね?まったく、神経質なッ…。
豚肉と牛肉は申し訳程度に食べてくれたことがあったって程度です。

>気張らず、気楽に、そして適当に…
そうですね。そう思うと、食べてもらえなくても、それほどがっかりこないかもですね。
Commented by livingwithcats at 2006-05-20 22:15
>いずみさま
忘れないうちに、早速今日から始めました。
質問等ありましたら、いつでもコメントに残してください。
我が家は順調に切り替えられた方ですが、苦労した子もいました。
皆さんの参考になれば、嬉しいです。
Commented by livingwithcats at 2006-05-20 22:40
>marieさま
ぽっぽちゃんは、あの砂掛けの様子からも、手ごわいかと思っちゃいますよね。
でもうちで優等生のミイも最初は全くだめで、砂掛けまくってました(苦笑)

ダメ元で2度目の挑戦をしたのですが、そのときはすんなりとムシャムシャ。
逆に飢餓状態で保護してそれまで何でも食べていた茶輔と大福が
匂いを嗅いで、逃げて行ってしまいました。

赤味のお肉は火を通すと固くなるので生が良いかもしれませんね。
後はグレードも関係するかも。
うちも外国産の牛肉は食べないけど、和牛はあげたくないのに(笑)
欲しがります。
食べ盛りの息子の分を減らすわけにも行かず、そうなると必然的に
私の口に入る分が減ってしまうのです(涙)

気長にぼちぼちやっていきましょう.
ご質問等、いつでもお気軽に!
<< 生食のススメ~その1 里親さん、決まりました。 >>