生食のススメ~その1

我が家が真剣に生食への切り替えを始めたのは、ホメオパシーに出会った2004年10月から。
それから1年半以上が経ち、全ての猫たちの食事の95%を生食へと切り替えることができました。

今でこそ、数種類のそして全員が食事ごとに同じ肉を食べてくれるようになりましたが、そうなるまでには色々と苦労もありました。
最初から何でもすんなりと食べてくれた子、好き嫌いがはっきりしていて特定の肉しか食べない子、同じ種類の肉でも形態が違うと食べない子などなど。
それでも我が家は他の猫さんたちと比べたら、ずっと苦労が少ないそう。
猫は非常に偏食の強い生き物なので、多くの方が生食への切り替えに苦労していると聞きました。

まず食事の切り替えを行う際に、オーナーがあまり気合を入れないことが大切です。
最初から上手くいくケースの方が少ないんだと割りきって、「食べてくれたらラッキー」くらいな、軽い気持ちで始めるのがベストだと思います。
こちらがあまり気合を入れすぎるとそれが猫たちに伝わり、せっかくの楽しい食事の時間が、妙に緊張感のある時間になってしまいます。
食事は楽しく!が基本です。

与える食材はもちろん生がベストですが、最初はそれにこだわる必要はありません。
ご自分の食事の一部を猫たちのために一口取り分けてあげるのはいかがでしょう。
ただし、味付けがしてあるものはNG。
腎臓疾患に掛かりやすい猫たちには、人間の食事は塩分が強すぎて、腎臓に大きな負担を与えてしまいます。
与えるものは生かさっと茹でて、ほんの一口から始めてみてください。

また食べない場合、「食べるまで!」と根競べをしてはいけません。
お腹が空けば食べる子もいますが、根気が強く食べないと、肝臓を悪くしてしまいます。
食べないときは、「また次回」という気持ちで。
数日間間をあけて、挑戦してみてください。

また猫によっては好みの肉、好みの形態があるようです。
それを見つけることも生食への切り替えでは、大切かもしれません。
a0048862_22112557.jpg

茶輔:今日は昨日届いた鹿肉。美味しかったよ~。
[PR]
by livingwithcats | 2006-05-20 22:11 | 猫たちの食事
<< 二度あることは三度ある 20キロのお肉 >>