生食のススメ~Q&A

いただいたご質問にはコメントでお答えしようと思っていたのですが、他にも同じ疑問を持つ方がいらっしゃるかもしれないと思い、こちらでお答えさせていただきます。

Q: 野菜を混ぜるタイミングってどうされましたか?
  徐々にですか?忘れた頃にふいうちですか?

A: 私の場合、ある程度お肉を食べることに慣れた頃に、少しずつ混ぜて行きました。
  ご質問にある、『徐々に』と『不意打ち』の両方ですね(笑)   
  最初は本当に気づかれない程度の量から、それを徐々に増やしていったと言う感じで
  す。
  肉もそうですが、歯触り・舌触りを気にする子は意外と多いので、野菜はすりおろせる
  ものはすりおろし、そうでないものはみじん切りにしてください。

   野菜はネギ類以外は何を与えても良いでしょう。
   果物だって、もちろんOKです。
   ただ猫は元来肉食動物なので、一度に大量に与えないこと。
   多くても大匙1杯程度でよいと思います。

Q: 生食に使用されている、アップル・ビネガーとフラックスシードは、決まったメー
  カーのものがあるのですか?

A: 私はこちらのお店で購入しています。
  HAC 和歌山
  フラックスシードは以前オイルで使ったことがあったのですが、全員からブーイングで
撃沈。
  HACさんのも最初はダメ元で使ってみたのですが、全員全く文句なく、お肉と一緒に
  食べてくれています。
  アップル・ビネガーもこちらで紹介している『有機りんご酢』を使っています。
  ただし、お酢はにおいも味も強いので、一度に沢山は与えていません。

これまで生食を試みるたびに何冊かの本を読んできましたが、お勧めはなんと言っても、もう迷わない!ペットの健康ごはん(本村伸子著)です。
シンプルに書かれているので、どんな方にもすんなりと理解できると思います。
[PR]
by livingwithcats | 2006-05-24 13:50 | 猫たちの食事
<< いってらっしゃい! 二度あることは三度ある >>