食事について考える

最近は生食がブーム化していますが、こういうときに必ず出てくるのが、賛成派と反対派(苦笑)

うちの猫たちは一昨年の秋にホメオパシーに出会った際にホメオパスから食事の大切さを教わり、それに私自身が納得したこともあって生食に切り替えました。
そして自分がホメオパシーを勉強するにつれ、その生態系の自然史と食事のあり方の深い関係と大切さを実感し、自身の食生活についても、ぼちぼち見直し始めるようになりました。

ホメオパシーでは『その生命体が持つ本来の力』を最大限に引き出すために、その生命体の遺伝的な進化をも視野に入れるため、食事の大切さに重点を置いているのではないかと思います。
猫が人と暮らすようになったのは今から4500年ほど前だと言われていますが、ペットフードが私たちの生活に登場したのは、第二次世界大戦の前後。
今でこそ多くの高品質なフードが手に入るようになりましたが、動物たちの食の安全が検討されるようになったのは1990年に入ってからで、それまでは人間の食に適さない食材がペットフードの原材料となっていたそうです。

ではペットフードが登場するまで、猫たちは一体何を食べていたのでしょう。
人と共に暮らしていれば、恐らく人の食べるものを分けてもらっていたのでしょうし、周囲に小動物が生息する環境にあれば、そういった動物を捕食していたのでしょう。
現にうちの大福は、外にいた頃にはキャットフードをたっぷりと与えているにもかかわらず、よくスズメや野ねずみ、昆虫などを捕食していました。

そして今では普通に使っているサプリメントも、私自身がサプリメントを摂らないので当初は使うことに抵抗がありました。
けれど不足した栄養素を人間ならば自らの身体が欲して補うことができますが、食生活もオーナーの管理下にあるペットたちは、自ら不足した栄養素を補うことは難しいでしょう。
ビタミンやミネラルによっては不足すると身体に大きく影響するものもあるので、普段からある程度はオーナーが気にかける方が良いと思います。
もし食材をまるごと、つまりネズミやウサギを丸ごと一匹与えることができたらそういうものは必要ありませんが、残念ながら、私にその勇気はありません(苦笑)

ホメオパスでも食事や嗜好品をとても制限する方もいます。
また「ご自分のストレスにならない程度で」と、ある程度は許可してくれる方もいます。
食事や嗜好品でレメディの効き方に変化があるのかもしれませんが、何よりも身体に大きな影響を与えるのはストレスです。
ですので、食生活についてもオーナーも犬や猫もストレスを感じないものであってほしいと思います。

生食を実践しブログでもオススメしている私が言うのも変かもしれませんが、極端な話、生命力の強い子は、どんなものを食べても元気に生きるものです。
私は今のところ、自然史に沿った食生活を心がけたいと思っていますが、食に対する価値観は本当に人それぞれです。
各々が考え信じられるものが、その子にとってベストの食なのかもしれませんね。
a0048862_20412956.jpg

生食でも痩せない茶輔。
あんなに苦手だった生肉を、今では人の分まで食べているのが痩せない原因です(笑)
[PR]
by livingwithcats | 2006-06-12 20:47 | 猫たちの食事 | Comments(8)
Commented by 多紀 at 2006-06-13 10:10 x
茶輔、かっこいいぞ。
昨日ね、なんだか胸焼けして眠りながらも「ナックスボミカをのまなきゃ~」と繰り返し唱えつつ、とうとう起きなかった…(笑)
読みかけのコミックスを開いたまま、電気つけっぱなしで寝てた。

いいなあ東京は。キルフェボンのタルトが食べたーい。
銀座1丁目(うどんすきの美々卯の近くだと思う)に、池波さん行き着けのすし屋があって、そこの狭い階段入り口を眺めては「食べたい。でも敷居が高そう」とか指をくわえてみてた思い出が懐かしい~。

最近、コンビニのジャンクスイーツばかり食べてるから胸焼けするんだわ。メタボリックシンドロームに気をつけなくては。痩せなきゃ~。
Commented by tamago at 2006-06-13 20:56 x
はじめまして!ホメオパシーを勉強中の医学生のtamagoと申します。
ブログ検索で参りました。

確かに食事は私達を形作るもの、私達が食べたもの以外からは私達の体は作られません。ホメオパシーをやっていて、すっごくコーヒーやらアルコールやらを気にされるかたもいますが、私の考えでは、livingwithcats さんと同じで、おのおのがしたいようにするのがベストだと思います。
無理に控えてストレスがたまるのもこれまたよくないですもんね。。。
Commented by livingwithcats at 2006-06-14 12:23
>多紀さま
顔だけ見るとかっこいいけど、寝そべっているから身体つきはかなりだらしがない(苦笑)
胸焼け?食べ過ぎたの?
私は胸焼けにはアーセニカムが効いたなぁ。
でももしそれが24時間以内に起きたら、やっぱりアコナイトを飲む(笑)
この間学校のスタッフに、健康な人はほとんどの場合アコナイトとアーニカで事足りちゃうって言われたわ(笑)

銀座は面白い街よね。
忙しくてブラブラする時間は無いんだけど、目的地の途中で「あらっ?」ってお店を見つけたりして、仕事途中にフラフラと寄ってしまうこともあったりして。

次回、盛岡訪問の際には、手土産はキルフェボンのタルトを持って行くね。
コンビニのジャンクスイーツは、私も結構食べてたりして(苦笑)
でもヒミツのおまじないがあるから、絶対に太らないのだ(意味深)
Commented by livingwithcats at 2006-06-14 12:33
>tamagoさま
ようこそいらっしゃいました。

同じホメオパシーを学ぶ立場として、心強いコメントをありがとうございます。
私自身はかつては何でも真面目に捉えすぎていたのですが、ホメオパシーに出逢ってその辺の力が抜けて、良い意味でも悪い意味でも『いい加減さ』が表出してきました(苦笑)
まだ2年生なのであまり深くは勉強していないと思うのですが、知れば知るほど偏見に捕われてはいけないと痛感しています。
タバコやコーヒーなども摂り方によっては薬にもなるし毒にもなる。
要はバイタルフォースが正しい方向へ向かっていれば、悪いものを摂っても身体からそれらは排出されるんじゃないでしょうかね~。

制限や規制に縛られすぎてしまうと、逆にそれがその人を自由にできないような気がするんですけどね。
Commented by oshare40 at 2006-06-15 16:03
私も相談に乗ってもらったアニマルホメオパスさんが、きさくでアバウトな方なので助かりました。猫ちゃんのストレスを避けることが一番大切といって、レメディの与え方など、全く無理しないでと言われました。無理をすると、いいものでも続けられないからです。全くそのとおりだと思います。
Commented by livingwithcats at 2006-06-15 21:08
>oshareさま
確かに食や生活を見直すことでレメディの効き方も変わってくるのかもしれないけど、それが思ったように上手くいかない場合もあるよね。
特に動物の場合は。
何でもストレスの一言で片付けるのは良くないのかもしれないけど、多くの病気の原因はストレスだと言われると、生活習慣の改善が大きなストレスになるのは、本末転倒よね。
だからと言って諦めてしまうのも残念なので、時間をかけて少しずつっていうのが良いと思う。

私はどんなときでも相手の気持ちを尊重できるホメオパスになりたいなぁと思っています。
Commented by luminy at 2006-06-22 15:49
こんにちは、はじめて書き込みいたします。

少し前から度々拝見させて頂いていたんですが、
思ったり考えたりしたするのでいっぱいで言葉にならない感じでいて
結局覗き見みたいになってました(笑)

tamaさんがホメオパシーを習われているのを知ってその存在を知りました。

お話を伺えば伺うほど興味深いですね。
勉強してみたい気持ちもあるし、
自分にも猫にも少しずつ取り入れていきたいなぁとも思っているのですが、
当面は生活を見直してみてからかな。

そういえば、煙草に関して言えば
93で亡くなった父方の祖母は病院で暮す最後の数ヶ月をのぞいて、
ずっと愛煙家でいましたし、
過去に結核を患った割にはその後特に大きい病気もしませんでした。

母は免疫系の疾患に罹ったことがあって、
基礎体力がある方なんですが、おそらく食生活やある時期のストレスが重なった為だと思います。

環境ももちろんですが、体質と気質によってそれぞれ違うのだなぁと思いましたし、
今回のお話でそのことを思い出しました。
Commented by livingwithcats at 2006-06-22 22:49
>luminyさま
ようこそ!
私も意外と変なところ引っ込み思案で、luminyさんのブログに書き込み
するまで、随分長いこと覗き見状態でした(笑)
大縄跳びで中々輪に入れない、そんな風でしょうか。

ホメオパシーは本当に面白いです。
今は来年から始まる臨床に向けて少々焦り気味でもありますが、それ
以上にとにかく学ぶことが楽しくって仕方が無いって感じです。
そしてホメを深く勉強するようになって、つくづく種のライフスタイルの
大切さを感じています。

煙草やお酒などもその人がそれでほっとするのならそれは良いもの
なんだそうですが、イライラやストレスからくる喫煙や飲酒は、
身体には害でしかないそうです。
コーヒーもホメオパシーでは害と言われていますが、私は楽しみで
コーヒーを飲むので、その辺りは全く気にしていません。
おじい様の煙草は良い煙草だったんでしょうね。

お母様はその後いかがですか?
ホメオパシーでは身体と心の繋がりを非常に重視するので、ストレス
との関係を考えずにクライアントと向き合うことはないんです。
心が健康ならば身体も健康だというのは、本当だと思います。
<< 生食のススメ~その4 鬼平犯科帳、再び >>