生食のススメ~その4

順調に生食を食べていたと思っていたら、ある日突然食べなくなる...。
昨日までパクパクと食べていたのに突然そんなことが起きると心配になりますよね。
我が家でも時々『このお肉、食べません!、気に入りません!』状態になることがあります。

そんな時、我が家でまず取る方法は、『半日絶食』。
人間でもそうですが、身体が不調でなくても、何となく食べたくないときがありますよね。
そんな時は思い切って胃腸を休めるのがよいのではないかと私は思い、一日2回の食事のうち1回絶食させます。(我が家では1、2週間に一度の割合で半日絶食させています)

またお肉の形態や加えた食材によって食べなくなることもあります。
お肉はミンチ、荒挽き、薄切り、角切りとあり、また形態によっては食感にも変化があるのでしょう。
そして敬遠されがちだった食材の代表は、我が家ではアップルビネガーやガーリック。
猫は偏食性の強い生き物なので、そういう食材は猫が抵抗なく食べられる分量を探り、時間をかけて徐々に量を増やした方が良いでしょう。
野菜類についても酸味や匂いの強いものは敬遠されがちですが、量によっては一緒に与える肉や野菜でかなり緩和されます。

うちの猫たちは同じ馬肉でも生産元によっても食いつきが違います。
今は国内で手に入るものは国内産のものを使うようにしていますが、食いつきが悪いときはふりかけやビール酵母の助けを借ります。
我が家では特に、みちのくファームさんチーズミックスふりかけが好評でした。
ビール酵母も意外と猫たちには好評です。
ただしビール酵母にはミネラルが多く含まれるため、与えすぎは要注意です。
a0048862_1284359.jpg

大地を守る会の注文用紙の上にわざと寝て、記入するのを邪魔する茶輔。
安全な野菜をと思って、猫たちも大地の野菜を食べています。
[PR]
by livingwithcats | 2006-06-14 12:15 | 猫たちの食事
<< モテル男性とは 食事について考える >>