イオウについて勉強してみる

イオウ、硫黄、そして英語ではSulphur。
ホメオパシーの宿題の一つにこの硫黄に関するものがあり、手元にあるものでとことん調べてみることにしました。

まず硫黄とは元素番号の16番に位置し、天然に産出される鉱物。
火山地帯などで析出した硫黄の硫化物は、温泉などに溶けていて、これの沈殿物がいわゆる『湯の花』と呼ばれるものだそうです。
この湯の花は水虫などの皮膚病に効果があると言われ、また漂白作用があるということから色白になるとも言われているそうです。
(色白を目指している私は、湯の花を取り寄せようと、真面目に考えている)

そして硫酸はこの硫黄を元に製造されています。
よくドラマなどで美人の顔に硫酸をかけてやけどをさせるという場面が登場します。
今回調べて分かったのですが、この硫酸は強い脱水作用と発熱という特長持ち、材木や動物組織などの有機化合物から水素と酸素を水分子の形で引き抜き、有機物を炭化させます。
この脱水作用と発熱のために火傷が起きるのかーっ!と、中学・高校の化学の先生が嫌いだったという理由だけで化学を真面目に勉強しなかった私は、本を読みながら目からウロコ状態でした。

そしてイオウの酸化物、二酸化イオウ(大気中の二酸化窒素と反応して一酸化窒素と三酸化イオウになることで硫酸を生じ、酸性雨の原因となっています)の水溶液は殺菌剤として使われ、扁桃腺の治療や寄生虫の駆除に使われています。
ホメオパシーでもイオウの主症状に、『灼けるような痛み』とあることから、イオウがどんなものであるか、想像がつきます。

これが私のホメオパシーの典型的な勉強法です。
一つのこともその物の本質をみることで、症状からだけでは見えないそのものの実体像を見ることができます。
セルフケア的にレメディを使う場合は別ですが、クライアントの全体像を見て治癒の方向へと導くホメオパスとしては、治療に使うレメディの全体像も見えていなければなりません。

現在ホメオパシーのレメディは3000種類とも4000種類とも言われています。
今のような勉強法を何千回も繰り返すのかと思うと、気が遠くなる方もいるでしょう。
私自身も数字だけを目にすればそう思います。
しかし、この世に存在する鉱物や植物、動物などに秘められた大きな力を知ることは、とても大きな喜びでもあります。

ホメオパスは一生勉強だと、これまで出会った著名なホメオパスは誰もがそう言っていました。
その意味を実感しつつ、日々一つ一つの知識と経験を積み重ねて行こうと思います。
a0048862_19181680.jpg

ホメオパシーの教材、レパートリーを枕にして眠る茶輔。
茶輔:この高さが丁度いいんだよ~。

ちなみにSulphurは皮膚疾患や消化器系疾患によく使われるレメディです。
[PR]
by livingwithcats | 2006-06-24 19:26 | ホメオパシー
<< ステキなモノ 茶輔が大変だ! >>