生食のススメ~まとめ

定期的にお伝えしてきた『生食のススメ』ですが、ここで一度おさらいをしましょう。

その1. 1日に与えるお肉は、基本的には1種類、多くても2種類まで。
その2. 内臓肉は毎日もしくは隔日に一回、少しずつ。
その3. 野菜類やサプリメントは猫たちが嫌がらない程度の量から。
その4. 生がだめなら最初は火を通したものから。
その5. 好みのお肉の種類、形態を知る。

そして必ず守っていただきたいことは、

無理強いせずに、焦らず、気長に。

ドライフードは消化吸収するのに内臓にとても負担をかけるため、我が家ではまず脱ドライフードを目標にしました。
元からウェットフードが好きな子は生食への切替もスムーズでしたが、ドライ好きは切替にはかなり梃子摺りました。
しかし生食を始めて2年弱の現在、ドライに執着のある子は1匹。
量は一日に多くても大匙2杯程度まで減らすことができました。
他の子たちも好きな缶詰を少量加えていますが、好きなお肉だとそれも必要ありません。

そして生食を始めて感じていることは、食べることのできる食材がものすごく増えたということ。
肉類なら馬、鹿、ラム(腎臓に負担になる肉類なので現在は与えていません)、カンガルー、ウサギ、鶏を、魚類はほとんど何でも、そして野菜類、玄米もOKで、葱類や消化の悪いイカやタコを除き、私たちが食べるものはほとんど全て食べるようになりました。

そして生食を開始してから健康診断を除き病院に掛かったのは、茶輔の膀胱炎一度きり。
目やにやくしゃみなどを時折見ることはありますが、長引くことはなく、どの子もレメディをほとんど使うことなく自力で治すことが出来ています。
ホメオパシー的に言うと、猫本来の姿に近づくことにより、Vital Forceも正しい方向へ向かっているのだということでしょうか。

以下は我が家の猫たちのお肉の入手先です。

みちのくファーム・・・馬肉と鹿肉を購入しています。
もぐもぐ共和国・・・ウサギとカンガルーを購入しています。
GENミート・・・以前は馬肉、ラパン、ベニソンを購入していました。

中心に与えているのは馬肉と鹿肉。
これらの肉を2日間連続で与え、その間、ウサギやカンガルー、鶏などを1日単位で与えています。
牛肉も与えますが、国内の指定生産者のものしか与えません。
a0048862_20564491.jpg

生食食べても全く痩せない茶輔は現在6.3キロ。

これまである程度定期的に猫の食事について書いてきましたが、今後は思いついたこと・発見したことなどを不定期に書いていこうと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2006-08-02 20:57 | 猫たちの食事
<< Indian Dishes~S... ガソリン値上げで思うこと >>