シリカ

その後の私の体調不良ですが、現在9割方まで回復しています。

今回の症状をおさらいしてみると...。

1. のどのヒリヒリ感→酢水でうがい
2. ヒリヒリ感に加え、喉が腫れている感じ→アコナイト
3. 発熱→エイピス
4. 喉の腫れは引いた感じだけど、いまいちすっきりしない→シリカ

そしてシリカを服用し始めた後、痰がガンガン出ています。
痰は細菌やウィルスの死骸なので、ここで無理をしなければ、まもなく完治すると思います。

シリカについては、以前こちらで紹介しましたが、これには『身体から異物を出す』というテーマがあるので、今回は喉に起きた炎症を『痰』という形で身体から出してくれたのでしょう。
シリカは今回のような後期の喉風邪にも効きますが、おできや便秘にも効果があります。
そしてこのレメディはもともと「刺抜きのNO.1レメディ」と言われていることから、棘が刺さった場合はもちろん、毛虫や毒蛾の毛が皮膚に刺さって炎症を起こした際にも有効だろうと、私は思います。

体調を崩した際にレメディを使うたびに、ホメオパシーのレメディは病気の症状を押さえ込むのではなく、急速に症状を進行させ回復に向かわせているのだと実感しています。
体調不良は決して心地よいものではありませんが、病気の症状が現れてから終息するまでの経過を経験するということは、病気を知る上でとても大切なことだと思います。
この世の中には不必要なものはないと言われているように、ウィルスや細菌も病気を通して私たちに何かを気付かせてくれる大切なものなのでしょう。

ちなみに喉の腫れの際に使ったエイピスは、私の場合、虫(蚊)刺されによる痒みにも効果がありました。
虫刺されに敏感な方や皮膚の柔らかいお子さんがいる方は、是非持っていてほしいレメディの一つです。
[PR]
by livingwithcats | 2006-08-31 10:51 | ホメオパシー
<< 新学期 お知らせ >>