美味しい生食

猫たちの食事を丸ごとミンチに変えて1ヶ月ほどが経ちました。

最初は慣れない匂いに躊躇していましたが、一口食べると「!」と何か懐かしい味がするのか、みんなとても良く食べます。
現在、ウサギ・カイユ・無薬鶏の丸ごとミンチと鹿肉、魚介類の5種類をローテーションで与えていますが、中でもカイユと無薬鶏は大人気。
カイユは肉ウズラとも言うそうですが、通常のウズラが産卵を目的としているのに比べ、カイユはその肉を食べることを目的としているので、肉質が違います。
ウズラも与えてみましたが、カイユに比べ脂が多く、べたつき感がうちの子たちには不評でした。

無薬鶏は、生育中に一切の薬剤を使用せずに育てた鶏です。
今まで鶏肉は余り評判が良くなかったのですが、この無薬鶏は本当に良く食べます。
ぐずぐず食べていると、食事を終えた子が他の子のお皿に顔を突っ込んで横取りしてしまうほどです。

ミイとチイは食べ過ぎると吐いてしまうので注意が必要ですが、そうでない茶輔と大福は競って食べています。
茶輔は鳴いて催促するのですが、大福は口内炎があるセリが一口ずつ慎重に食べているのを無言で堂々と横から食べてしまいます。
セリが困った顔で鳴いても、そ知らぬ顔。
私が「大ちゃん!」とちょっと大きな声で怒ると逃げるのですが、気が付くと戻ってきてまた食べています。
しかしそんな時助けてくれるのが茶輔。
「大ちゃん!」と言うと、「ボクが、ボクが!」とセリの食事を邪魔する大福を追い払ってくれます。
けれどその後、「セリちゃんのご飯守ってあげたから、一口ちょうだい」と言わんばかりに、じっとセリのお皿の側に坐っています。
a0048862_20264544.jpg

鼻にむしったオモチャの破片をつけて言われてもねぇ...。

=本日のアシャ=
アシャも無薬鶏が大好き。
一日120グラムのお肉をペロリと食べています。
そして最近のアシャは『食後はお母さんの膝の上で寛ぐ』ことを日課としているようです。しかも甘え足りないと不満そうな声を出して怒ります(苦笑)
自分の感情を表現できるほど、身体も心も余裕が出てきたのでしょう。
目はあと一息ですが、足はすっかり良いようです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-03-23 20:31 | 猫たちの食事 | Comments(0)
<< 私たちの憂鬱 Today's Big... >>