もう一手間かける

現在、我が家の猫たちは鶏やうずら、うさぎなどの丸ごと全体ミンチ中心の食事をしていますが、以前から家でこの丸ごとミンチはできないものかと考えていて、この連休中に思い切って挑戦してみることにしました。

a0048862_21173943.jpg骨も丸ごと挽くので、フードプロセッサーではとても無理で、ネットであれこれ探しているうちにこの道具に行き着きました。届いたときは正直、ビックリ。大きいし重いし。とりあえずダイニングテーブルに固定して、早速挑戦してみました。心配した骨のザラザラ感は一切感じられませんでした。粗挽きが好きな子はプレートの穴径が大きなものを使えばよいと思います。

a0048862_2121972.jpgまずはウズラに挑戦。
ウズラはこだわりうずら卵のお店タイデスさんのうずら中抜き(骨付き)を使いました。新鮮なウズラの骨は軟らかいと聞いていましたが、正にその通り。ミンサーは特に力を入れる必要もなく、難なくウズラを挽いてくれました。



a0048862_2125257.jpgこちらはウサギ肉です。
残念ながらウサギは丸ごとのものが手に入らないので、後でカルシウムを添加します。内臓肉もウサギの内臓が手に入らないので、鶏の内臓を代用しました。



現在購入しているお肉はどうも以前から匂いが気になっていたのですが、我が家で挽いたものは一切匂いが気になりません。タイデスさんのウズラは月に一度決まった日に処理をして発送しているそうなので、鮮度は非常に良いと思います。(もちろん人間用のお肉です)
大きさは一羽あたり約120グラム。若い子たちはハサミで切った骨付きの塊肉を与えてみましたが、みんな上手に食べていました。
中型犬がいる友人にもお分けしたのですが、その子は丸ごと一羽、上手に食べきったそうです。

さて、うちの猫たちの反応は。
絹挽きと言って良いほどキメが細かいので嫌がるかなとも思ったのですが、全員完食!
ウサギ肉も使い終わった道具に全員が群がるほどでした。

a0048862_21334769.jpgこれはおまけ。
このピルクラッシャーは本当に優れものです。
値段が2000円近くてずっと買うのを躊躇っていたのですが、思い切って買ってみたらなんて便利なこと!今までケチってビタミン剤をナイフで細かく砕いていたのですが、その手間をこの商品は一気に解決してくれました。

こだわり過ぎかな~?とも思いつつ、自分で選んだ食材でのゴハン作りは楽しいものです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-05 21:51 | 猫たちの食事 | Comments(2)
Commented by kotokoto_kotoko at 2007-05-06 07:50
うわぁ~\(^0^)/
おいしいハンバーグが作れそう♪
あ、でもtamaさんちはニャンの為に使うのねーww
tamaさんちのニャンは、手間隙かけてもらって幸せニャン♪


だけどtamaさん、いったい一日何時間寝ているの?
どうしたらそんな時間があるの?
ただただ不思議なものを見せられたような気持ち w(・0・ )w


私もピルクラッシャーを買いました。
キャットフードを粉状にできないかなぁ~と思って。(←離乳食の為)
でもキャットフードはとても硬くて、無理ッポイ。。(T◇T)
Commented by livingwithcats at 2007-05-06 22:21
>kotokoさま
このミンサーに付いてきたプレートは穴径が小さいのでちょっときめが
細かすぎるかな。
もうちょっと穴径が大きな方が肉の感触も残っていいかもしれません。

実は昨日は息子が家にいなかったので、(人間)の夕ご飯は手を抜いたの。
だから、こんなことする時間があるのよ~(笑)
仕事をしている普段はこんなことする時間はないんだけど。
でもkotokoさんが想像しているより、ずっと簡単かも。
手作り食って一見面倒そうだけど、慣れちゃうとそうでもないのよ~。

仔猫ちゃんたち生肉もきっと好きよ~。
ドライならやっぱりふやかしたものからスタートするのが良いかな。
あ、ちなみに家ではドライはすり鉢で粉状にしましたよん。
<< ホメオパシーとは New camera >>