パクパク、ムシャムシャ

先週末はセミナーと授業の合間をぬって、猫たちのために大量のお肉を挽きました。
お肉は空気に触れる面が多くなればなるほど鮮度が落ちるので、食べる直前に挽くのが理想ですが、仕事や勉強に忙しい私には無理。
それでもやはり家で挽いたものは市販のものとは違うのか、全員見事に食べてくれ、生食があれほど苦手だった茶輔が、一番長い時間キッチンにいるようになりました。

さて、挽いた量は...。
一日目は鹿肉5キロ+α、鶏肉2キロ。
二日目はうずら4キロ+α。
鹿はお肉と内臓だけでしたが、鶏とうずらは骨ごと挽いたので、かなり力が要りました。
ふぅ~、疲れた。
鹿肉は今回、こちらで、鶏肉は大地を守る会で、うずらはタイデスさんのものを使用。
鹿のひき肉については、上田精肉店さんのものを前回購入しましたが、こちらも品質が非常に良かったです。

今回うずらはサカイ企画さんでも少し購入したのですが、私的にはタイデスさんのうずらの方が鮮度が良いと思いました。
ただサカイ企画さんには嵐山善兵衛の健康一番という副食材があり、これを今回肉の量を減らしたい壮年期以降の子たちのために使ってみました。

a0048862_20591069.jpg

食後、横になって寛ぐ茶輔。沢山食べるせいか大きくなったような気が...。

猫は体内に穀物を分解する酵素を持たないので穀物を含むこの商品はどうなのかと思いつつも、少量ならばと使ってみました。
香りはお茶漬けの素ような匂いがしますが、塩味はほとんど感じません。
肝心の猫たちには大好評!
壮年期の子達はこれと野菜を約2割強、若い子は約1割をお肉に混ぜています。

凝りすぎだなぁ...と思いつつも、家族である猫たちの食生活も私にとっては大きな関心事。
猫たちの健康を守るためにも、納得するまで凝るのも良いかもしれません。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-22 23:14 | 猫たちの食事
<< 前向きに、そして希望をもつこと ボクを家族に迎えてくれませんか? >>