鳥取市での野良猫の捕獲実施のその後

9月下旬から10月初旬にかけて計画されていた、鳥取市若葉台南町の野良猫の捕獲実施については、多くの方の訴えが届いたお陰で中止となりました。

しかしながら、保健所から自治体へ指導が行われているものの、今回の問題が最終的にどうなっていくか、その方向性はわかりません。

捕獲対象となった猫たちの餌やりさんは、避妊・去勢をせずに餌だけ与えていたそうなので、協力者の方が今後それらの猫の避妊・去勢と、里親さんを見つけられそうな猫については、保護して里親さんを見つけていくようです。

今回のこの問題で、外猫の避妊・去勢、そして保護はもちろんのこと、自治体の理解を得る努力をすることも欠かせないと改めて痛感しました。
私の住む大磯町は町自体が小さいこともあって議員さんと共にこのような問題に取り組んでいます。自治体の規模が大きくなるほど難しいかもしれませんが、お隣の平塚市でも、友人たちが理解を得ようと、日々努力しています。

行動を起こせば、きっと何かが変わる。
そう信じて、今後も私は私のできることをコツコツとやっていこうと思います。

外の子たちと人間が平和に共生できる日が近い将来、実現しますように。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-02 13:30 | 考えたいこと
<< 口が肥えたか、猫たちよ ご協力を! >>