猫ごはん、覚書き(6月15日~21日)

忘れっぽいので、猫たちのごはんの内容を覚書として残して行きます。
(※これはあくまでうちの猫たちのためのものです。栄養計算はしてありますがきっちりとしていないため、参考にされる方は、自己責任でお願いいたします。)

分量は5匹(総体重24キロ)の14食分です。(追記しました)

   肉類 (鶏むね肉1000g、鶏もも肉750g)
   内臓肉 (鶏ハツ50g、鶏レバー100g)
   その他 (卵黄140g)
   穀物 (オートミール100g)
   野菜 (かぼちゃ800g、インゲン150g、小松菜200g、ニンジン100g、パセリ140g、まいたけ50g)
   その他 (卵黄140g、亜麻仁油15g、菜種油85g、リンゴ酢70g)

   タンパク質 40.7%、 脂質 27.1%、 炭水化物 26.1%
   (数値が間違っていましたので以下のとおり訂正します)
   タンパク質 41.6%、 脂質 27.6%、 炭水化物 26.7%

   腎臓比率  2.2  2.1

   これにハーブ類(アルファルファ、ダンデライオン、クランベリー、ケルプ)、カルシウム、ビール酵母を添加。
どうしても不足してしまう亜鉛と猫用ビタミンを注文。

******************
   
猫たちの状態: 全員変わらず。食いつきの悪い子は好きなふりかけや煮干しの粉をトッピング。ウンチの状態も良好。
今後の課題:  タンパク質の量を若干減らすこと!
[PR]
by livingwithcats | 2008-06-20 10:37 | 猫たちの食事 | Comments(4)
Commented by シスター at 2008-06-20 11:02 x
栄養計算するようになったんだ?
先日から計算されているようだなとは思っていたんだけど・・うちはまるっきりしてませんので、ちょっとあせる。
これは8匹分?オートミールは100gでも炭水化物は26%にもなるんだね。腎比率って何?うちの猫は、生を食べなくなったので、火を通したらどうかと試したけど、大好きだった牛肉さえほとんど食べなかった。カリカリは一旦戻したら、あっという間にカリカリしか食べなくなるね。病み上がりの猫は、体が欲しているのか、サプルメントが入っていなければ、生肉を食べてくれますが・・慢性腎不全の老女は生魚とチーズが好きで、そればかりねだってハンストするし、困ったチャンばかりです。
Commented by livingwithcats at 2008-06-20 14:39
>シスターさま
うん。改善するには何をどれくらい与えているのか知らないと、と思ってね。
手作り食を始めた頃なら栄養計算に基づいた食事っていうのはちょっと大変だったかもしれないけど、手作り食も定着した我が家では、ほんの少し内容を改善するだけでタンパク質の量を抑えられ、最初は「こんなに!?」と思った穀物&イモ類も、猫たちは意外にすんなり食べてくれてる。はー、良かったって感じ。

紹介した食事は5匹×7日分、14食分(追記しました)。
肉の量がかなり減ったでしょ。炭水化物はオートミールもだけど、イモ類にも多いよ。

腎臓比率っていうのは、n3系脂肪酸とn6系脂肪酸の比率のことで、n6:n3=2.5が腎臓病の子には良いそうです。

カリカリはね、そうとう嗜好性が高いと思う。うちの連中だって与えれば食べる。でももうここまで来たら工夫してカリカリには戻さない。わがままっ子の茶輔も良く心得たもので、最近はちゃんと食べてくれています。
Commented at 2008-06-21 08:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by livingwithcats at 2008-06-21 23:20
>鍵コメさま
後ほどご連絡いたします。
<< Tincture of Time 腎機能数値、改善! >>