インフルエンザ

2年ぶりに罹りました、インフルエンザ。

1週間ほど前から「何か、おかしいなぁ。」と感じてはいたが、治療のレメディを摂ったこともあって、そのせいかも、なんて思っていた。
けれど水曜日辺りから様子がますますおかしくなってきた。

とにかく寒い。
いくら着込んでも、服、焦げるよというほどヒーターの前に陣取っても寒い。

木曜日は大事を取って仕事を休んだら、夕方当たりから寒気は酷くなり、その翌日にはとうとう発熱。
金曜の夜には38.9℃まで上がり、猫布団に助けられ、熱い熱いと汗をかいたのが良かったのか、翌朝には37℃前半まで下がった。

ただその後も体温は不安定に変化。36℃台〜38℃台を行ったり来たり。おまけに喉のヒリヒリが酷くて声は出るけど出せない。
ここでレメディを追加。
昨晩はこれまでにない以上に寝汗をかき、朝起きたときにはパジャマが汗でじっとりとするほど。熱は36℃台に落ち着き、喉のヒリヒリも7割方改善。朝には大量の痰が出て、そのお陰か咳も大分治まって来ている。

そして今朝は久しぶりに空腹を感じた。
ここ数日間、何も食べたくなく、だからといって食べないのもと思い食べれそうなものを食べるのだが何を食べても不味い。唯一食べたくて美味しかったものはリンゴだった。
体重は4キロ強減。年末年始に食べ過ぎて「太ったー」と嘆いていたものの、それも一気に解消。でもこういうときはあっという間に元の体重に戻る(苦笑)

私の場合、治療途中にあったのでホメオパスの指示に従ってレメディを摂ったが、そうでない場合はどうするか。

まず、ゾクゾク、悪寒を感じた時点でアコナイト(Acon.)を。
でもインフルエンザの進行はかなり早いため、異変に気づいたときにはもうアコナイトのステージから進んでしまっている場合もある。
次に顔が紅潮し発熱してきた場合にはベラドンナ(Bell.)が考えられるかもしれない。Bell.の場合、余り喉が渇かず、脈打つような痛みがある。症状が激しいのが特徴。
それ以上に進行してしまった場合は、ジェルセミウム(Gels.)。うちの息子が数年前にインフルエンザに罹った際にはこのジェルセミウムのお陰であっという間に回復した。それくらい、インフルエンザの進行は早いということだ。

そして必ず十分な休養をとることも大切。
私の場合は恐らく休息が必要だったから、インフルエンザに罹ったのかもしれない。

最後に。
ホメオパシーの治療を受けている方は、例えインフルエンザであっても担当のホメオパスに必ず報告すること。ちなみに私が今回摂ったレメディは上で紹介したレメディのいずれでもない、数日前に摂った治療のレメディと同じものだった。自分の本質に近ければ近いほど、どんな病気でも適切に対処してくれるということなのです。
[PR]
by livingwithcats | 2009-01-18 15:55 | ホメオパシー | Comments(0)
<< 地場野菜 イワシご飯 >>