カテゴリ:お知らせ( 13 )

大変、大変、ご無沙汰しております!

みなさま、大変ご無沙汰しております!

最後にこのブログを書いてから、およそ3年が経過しようとしています。

そんなに、、、!
と思うほど、この3年間はあっという間に過ぎて行ったように感じています。

でもその間、色々なことがありました。

何よりも、私は今、日本にいません。
2012年の秋に色々と考え決意し、翌年の2013年7月に猫3匹と、トルコのイスタンブールに引っ越しました。

このブログを書いていたときにいた6匹の猫のうち、最年長の大福はトルコに引っ越す2ヶ月前に老衰で旅立ち、2010年の暮れに里親募集するつもりで引き取った白血病キャリアのダットンは、新しい里親さんのもとで幸せに暮らし始めてから半年後に旅立ち、触れるようにはなっても、獣医には連れ行けないセリは友だちに託し、ミイ、チイ、茶輔は共にイスタンブールへ引っ越して来ました。

イスタンブールでの新しい生活が始まって1ヶ月ほど経った頃、それまで全く病気をしなかったチイが原因不明の下痢を患い、ここで獣医に罹ったり、日本の獣医に遠隔で相談し治療を試みたものの改善せず、発症からおよそ1年後の昨年8月21日未明、私がほんの1時間ほど仮眠を取った間に、静かに旅立ちました。

チイの抜け殻は、イスタンブールの大地に眠っています。

今ともに暮らしている甘えん坊の茶トラ2匹もすっかりシニア。
ミイは13歳に、茶輔も今年の夏には12歳になります。
それでも2匹は体調を崩すことなく、カオティックなイスタンブールでの生活にも慣れ、よく食べ、よく眠り、よく甘え、元気に過ごしています。

イスタンブールでの生活は、こちらのブログに綴っていますので、是非遊びに来てくださいね!

A Life in Istanbul
[PR]
by livingwithcats | 2015-04-22 05:06 | お知らせ | Comments(0)

イスタンブール

お知らせです。

来る、3月27日(土)午前8時半よりフジテレビで放送中の、にじいろジーンの「地球まるごと見聞録」で、イスタンブールが紹介されます。

是非ご覧になってくださいマセ。
a0048862_2264614.jpg

写真はアヤソフィア博物館の美しいモザイク。モスクにキリストのモザイク画?と疑問に思う方もいると思いますが、そこがトルコの大らかさなのです。
[PR]
by livingwithcats | 2010-03-25 22:13 | お知らせ | Comments(0)

コメント欄について

最近、あまりにも困った書き込みが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。

これまでコメントを下さった皆さま、今後コメントしてくださる皆さま、承認制にメゲズ、これからもコメントしてくださいね☆
[PR]
by livingwithcats | 2010-03-07 00:34 | お知らせ | Comments(0)

しばらくお休みします。

ここしばらく仕事と勉強が忙しく、またホメオパシーの治療の効果か毎晩とても眠く早目に休んでいるので、状況が落ち着くまで、ブログはお休みいたします。

猫たちの食事については、後日時間のあるときにアップしようと思っていますが、最近はどうもこの蒸し暑さのせいか全員食欲がダウン。なのでみんなが大好きな缶詰を加えて与えています。
そのお陰か全員とてもよく食べてくれています。
あれほどドライフードに固執していた茶輔も今ではすっかり脱ドライでき、他の子に比べ食べるペースは遅いですが、一生懸命手作り食+缶詰を食べています。

ただうちの猫たちの好む缶詰はタンパク質の含有量が多いので、手作り食にそれらを加えると食事全体のタンパク質含有量もドーンと上がってしまいます。腎臓に問題がある場合はタンパク質の量を減らすというのが常識のようなので、現在の我が家の食事は腎臓のことを考えたらNG。しかし肉食獣である猫のことを思うと、低タンパク食はどの程度までのことを言うのか、この点については月末に茶輔のホメオパスとの再診があるので、その時に質問してみるつもりでいます。

さて。
巷では風邪が流行っているようですね。
私も数年前のこの時期に風邪をひいたことがありますが、この時期の風邪は性質が悪く、長引くことが多いようです。
少しでも体調の異変を感じたら早めに休息してくださいね。
[PR]
by livingwithcats | 2008-07-10 12:49 | お知らせ

麦のその後

2月の終わりに避妊目的で保護し、その後里親募集をしたものの乳腺腫の疑いがあるということで里親募集を保留にしていたですが、手術後から預かってくれた友人のYさんのお宅の子になることが決まりました。

何でもYさん宅の暴れん坊将軍、ティガーと母子?恋人?のように仲良しで、またご主人も麦の魅力にメロメロとのこと。
熟女の貫禄といったところでしょうか(笑)

a0048862_22131710.jpg

                う〜ん、極楽、極楽。

乳腺腫については、近日中に獣医に連れて行って診察してもらう予定でいますが、Yさんの希望もあって、治療はホメオパシーで行う予定でいます。
[PR]
by livingwithcats | 2008-05-06 22:17 | お知らせ

保護猫、麦のこと

金曜日に保護した麦。
土曜日に無事に避妊手術を終え、昨日、退院してきました。

a0048862_2265496.jpg


しかし退院の際に10歳を超える年齢であること、また手術の際に乳腺腫瘍が見つかったことを告げられました。
猫の乳腺腫瘍はその8割が悪性であると言われ、その場合、肺に転移するケースが多いそうです。

さあ、どうするか。

アシャのいる部屋に隔離したのですが、アシャがパニックからか余りに鳴くので(縄張り意識があるんでしょうね)、これでは大人しい麦でも休まらないだろうと思い、現在友人宅で預かってもらっています。
里親さん募集の記事も掲載し、実際お問い合わせもいただきましたが、このような状態だと難しいかもしれません。

乳腺腫瘍については、術後の状態が落ち着いたら検査する予定でいます。
そして今後のことについては、病状を観察しながら考えていきたいと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2008-02-25 16:14 | お知らせ | Comments(2)

お知らせ

最近、使っている2台のPCの調子が悪く、1台は修理へ、もう一台は買い替えへと検討中といった状態です。

昨年末にiPodが壊れ、それが直ったかと思ったら、デスクトップのPCがおかしい。
それでもだましだまし使っていたのですが、最近はマウスのポインターが突然消えたり、画面がフリーズしたりと恐ろしい状態が続き、恐々バックアップを取っている最中です。
そしてもう一台のノートはロジックボードが壊れていることが先週発覚。
以前からネットに繋がったり、繋がらなかったりで、「気まぐれちゃん」状態だったのですが、やっぱり壊れていました。現在こちらは入院中です。

いや~、続くときは続くモンですね。

家で使っているデスクトップは仕事関係の方の手作りなのですが、もうこの際、iMacにする予定。

PCがないと不便ではありますが、DVDを観たり、本を読んだり、またカメラであれこれ撮ってみたりと、ネットのない生活はまたそれで充実しています。
来月の初めに再び京都に行くので、それまでにもう少しカメラの勉強を...と思っています。

...という訳で、PCが戻ってくるまでBlogはお休みします。
[PR]
by livingwithcats | 2008-02-07 11:56 | お知らせ

ご報告

里親募集していたももちゃん、みみちゃんそしてグレーの兄弟ですが、グレーの兄弟の1匹を除き、全員良いご縁に恵まれ、新しい家族の元へと巣立っていきました。
残ったグレーの男の子は、胸骨に先天的な異常が見つかり、それを承知で家族に迎えてくれる里親さんを募集するそうです。
先天的な異常がある子の募集は中々大変ですが、それでも可能性が全くないわけではないので、良いご縁に恵まれることを祈るばかりです。

今回の募集の際には、ティミーの時と同様に沢山のお問い合わせをいただき、オフラインで募集している子たちも、3匹、里子に行くことが決まりました。

応援してくださった皆様、ありがとうございました!
a0048862_215765.jpg

ボクからも、応援ありがとうごじゃいまちた。(寂しそうな顔をしているけど、実は眠いだけなの)
[PR]
by livingwithcats | 2007-06-22 21:06 | お知らせ

ホメオパシー入門

私の通う、ハーネマンアカデミーの学長である永松昌泰先生が、この度ホメオパシー入門という本を出版されました。

私自身も早速購入して読んでいますが、ホメオパシーを勉強する立場として『ホメオパシーの本当の意味』に立ち返る意味でも、非常に素晴らしい内容です。
永松先生は非常に温厚な方ですが、授業でホメオパシーについて語るときの先生はとても情熱的です。この本もやわらかい言葉で書いてあっても、熱弁を振るう先生の姿が目に浮かぶような、そんな錯覚をも持ってしまうほど、アツイ一冊です。

もちろん、「ホメオパシーって何?」と思っている方にも、非常に良い本だと思います。

興味のある方は是非、読んでみてくださいませ。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-23 23:37 | お知らせ

兄弟猫たち

昨年末、我が家にショートステイしていた、ものすご~く可愛い兄弟猫たち
ご報告が遅れましたが、2匹ともステキなご縁に恵まれました。

とても仲の良い兄弟だったので2匹一緒を希望していたのですが、結局お兄ちゃんのチャーリーは1月上旬に都内のご両親と暮らす独身女性の元へ、そして弟のエドは2月上旬に北関東の若いご夫婦の元へと、それぞれ巣立っていきました。

里親募集の記事を出してチャーリーへはすぐに数件お問い合わせがあったのですが、弟のエドには全く問い合わせがなく、募集主のYさんはかなり落ち込んで、その間インドに行っていた私の元まで、メールが来たほどでした。
あんなに可愛いのに、ミンナ見る目がないなぁ...と思いつつ、落ち込むYさんに見つからなければ最終的にはうちで引き取るからと言って励ましました。
しかし、そんなメールのやり取りをした直後からバンバンお問い合わせが入り、結果的には10件以上のお問い合わせがあったようです。
エドとのご縁は結べなかったものの良さそうな方には他に里親さんを探しているYさんの友人の猫をご紹介して、それが元でご縁を結べた子も数匹いたそうです。

うちにいたときはいつも2匹のケージにぴったりと張り付いている巨大茶トラ、茶輔に慄いてかビビリまくりのエドも、新しい家族の元では縦横無尽に仔猫らしい生活を送っているようです。
細かった食も今では嘘のように沢山食べるようになり、用意したフードでは足りないそうで、それならば...と生食を勧めたところ、喜んで食べているそうです。

味覚がある程度確立されない若いうちの方が生食への移行はスムーズですし、ネコ科の動物本来の食餌によって内臓への負担も少ないことから、これから起こるかもしれない多くの病気の予防にもなります。
里親さんには是非、細々と『+生食』を続けてもらえたらと思います。

保護当初はやせっぽちで小さかったエドがどこまで大きな茶トラになるのか、今からとても楽しみです。

=本日のアシャ=
エド同様、アシャの食欲も衰えることなく、相変わらず良く食べています。
ウサギ肉の食いつきが悪くちょっと心配したのですが、無薬鳥はものすごい勢いで食べ、それでも足りないと鳴き、a/d缶を追加で食べています。
目と足は相変わらずですが、その他は順調なようで、シャッキリ感を感じられます。
病気も一山越えた?と感じさせてくれる位、元気を感じています。
[PR]
by livingwithcats | 2007-03-15 12:47 | お知らせ | Comments(2)