<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

肉食動物

今朝、友人のYさんから「貧血の猫にはどんな食事が良い?」というメールが届きました。

どんな状況下の猫なのか聞き返すと、外の子だけれど半分飼い猫のような子、生後約6ヶ月だという返事が返ってきました。
餓えている子に栄養不良による一時的な貧血が見られることはあると思いますが、食事をもらえている子の場合、やはり何らかの病気が考えられます。
そのことを伝えながら、現在どんなものを食べているの?と聞くと、驚くべき答えが返ってきました。

パン、チーズ、牛乳。
それに鰹節や煮干。

......。

これでは雑食性の人間でも病気になってしまいます。

聞くと、そこにはその子と同じように暮らしている猫が十数頭いるそうですが、数頭いる若い子以外は比較的元気だと言います。
近くに山があることから、恐らく元気な子たちは、外で鳥やネズミ、昆虫などの小動物を捕食しているのでしょう。
今回Yさんは避妊のためにその場所に行ったのですが、発情シーズン真っ只中にあるこの時期に仔猫がいないということは、たとえ妊娠し、出産しても仔猫が育たないからなのかもしれません。

幸いその子たちの面倒を見ている方は経済的にも多少余裕があり、またこちらの話を聞いてくださる方なので、総合栄養食の猫用の缶詰を与えるか、それを買いにいけないときなどは、生肉をできれば内臓ごと与えてくださいとアドバイスしました。

a0048862_21535884.jpg


猫は完全な肉食です。

何かを口にしていれば生きているかもしれません。
しかしそのような食生活では猫は健康であるはずがありません。
飼い主さんはそんな子を見て、「生まれつき身体が弱い」と思い、食事を与えているのに元気がないのはその子が持って生まれた健康に原因があると思っています。
もちろんそういう場合もあるでしょう。
しかし、今回のようにその子の持って産まれた素質以前に、食事が原因となっている場合も多々あるのではないかと私は思います。

リンクを貼らせていただいている多紀さんのブログの最後に、穀物不使用のドライフードが紹介されています。
生食をお勧めする立場として、本来ドライフードはご紹介するべきではないのかもしれませんが、何らかの理由で缶詰や生食への移行が難しい子もいるでしょう。
そんな方は、是非リンク先の記事を参考にしていただけたらと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-24 10:32 | 猫たちの食事 | Comments(0)

新学期は忙しい

先日高校に入学した息子に続き、私も今日から新学期です。

今年から世界的に有名なホメオパスからも高い評価を得ている、Kim Elia先生が新たに私の通う学校の講師陣に加わり、今日はそのKim先生の第1回目の授業でした。
過去に2度彼のレクチャーを受けましたが、とにかく非常に熱心な先生で、インドで一緒だったアメリカ人たちからも、「Kimはクラシカルホメオパシーを教えるのが得意」と聞いていました。
そんな彼から直接授業を受けることができるようになったことをとても幸運に思い、そしてそのようなチャンスを与えてくれた学校に感謝の気持ちでいっぱいです。

今日の授業も盛りだくさん。
明日は通常の授業に加え、16時からKim先生の特別公開授業があります。
時間的にはハードな一日になりそうですが、何よりも充実した一日になりそうです。

a0048862_221442.jpg

茶輔: お母さんが家にいない週末。ボクはとっても不機嫌なの。

来週末は私が最も尊敬するホメオパスであるSankaran先生が来日し、東京で5日間のセミナーを行います。
臨床を始めていない私にはSankaran先生のコースを受講するのは正直早いのですが、昨年春より学校の勉強の傍ら少しずつ勉強してきたことなので、この東京セミナーも参加しようと思っています。
チャンスがあるうちは吸収できるだけ吸収したいのです。
茶輔、ごめんね。

a0048862_2219204.jpg

同じ茶トラでもこんなに色が違うミイと茶輔。
茶輔、日焼けした?

=お知らせ=
トーティシェルの姉妹、サマンサ&タバサは、本日よりお試しに入りました。
正式決定いたしましたら再度、ご報告させていただきます。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-21 22:33 | 日常 | Comments(4)

可愛いトーティーシェルの姉妹

神奈川県西湘より、可愛いトーティーシェル姉妹の里親募集です!

《里親さんが決定するまでトップに掲載いたします。》

4月中旬に姉妹一緒に捨てられていたのを、私の友人Yさんのご友人が保護しました。
a0048862_2310213.jpg

2匹ともものすごく人に馴れています。
また栄養状態も健康状態も良好ということから、恐らく飼い猫が産んだ子たちなのでしょう。
2匹とも全く物怖じせず、初対面の私の側にやってきて、膝の上で寛ぎ始めたほど、人馴れ度は抜群です!
a0048862_2315854.jpg

おっとりした性格のタバサ。
顔も身体も丸く、とても優しい印象のある顔立ちです。
a0048862_23175232.jpg

こちらは活発なサマンサ。
オモチャで遊び始めたら、始終飽きることなく、ずっとオモチャを追いかけていました。
活発でもとっても甘えん坊で、お母さんのことを思い出しては、タバサのおっぱいを吸っているそうです。

生後3ヶ月ほどですが、身体もしっかりし、また健康状態も安定しています。
食事もドライを食べれるほどなので、日中働いている方でもOK!

この子たちと一緒に暮らしたい!と思われる方は、こちらに詳しい募集の内容がありますので、是非お問い合わせください。

タバサ&サマンサの掲載先はこちら!
いつでも里親募集中
こちらの関東・C38546とC38547に掲載してあります。

a0048862_2324187.jpg

タバサ:みなちゃ~ん、わたちたちを、よろちくね♪
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-20 00:00 | 里親募集 | Comments(2)

今週末のアシャ

アシャの様子はちょこちょこと紹介していますが、白血病キャリアだということがウソに思えるほど、元気にしています。
この週末に我が家に寄って久しぶりにアシャに面会した友人のYさんも、「この分だと、白血病も追い出せるかもね」というほど、力強さを感じたと言っていました。

最近はリラックスして、手足を伸ばしてのびのびを寝ている姿を良く目にします。
a0048862_2321426.jpg
a0048862_2322596.jpg


カメラを向けられることが余り好きではないので、可愛い寝顔をズームで撮ってみました。招き猫みたいですね。
a0048862_233249.jpg


外の様子もちょっぴり気になるのか、外の動物の鳴き声にも反応したりします。
a0048862_2342864.jpg


身体にお肉がついてきたのがおわかりでしょうか。
a0048862_2355341.jpg

抱き上げると手足にタオルか何かをぶらさげているんじゃないかと思うほど、ずっしりとしてきました。
4キロはあるかも...と思っていましたが、ひょっとしたら5キロ近いのかもしれません。
毎日約150グラムの生食を食べ、それでも足りないとa/d缶を平均して一日1/2缶食べています。
これでは太らないはずがありませんね(笑)

最近はケージの外へも興味が出てきて、扉を開けると自ら飛び出して来て、ケージ周辺の家具にスリスリ、匂いつけなどをしています。
けれど部屋の外でちょっと大きな音がするとさっとケージに戻るので、ケージの中=安全な場所と認識しているようです。
何事も慎重なアシャ。
かなりゆっくりしたペースですが、それでも確実にこの家の環境に慣れてきています。

a0048862_2375744.jpg

しかしカメラのレンズと目が合うと、この通り。
『ジロリ』はまだまだ健在です(苦笑)
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-16 23:17 | 猫たち | Comments(2)

昨日の追記

すでに何もこちらのブログで紹介してきましたが、2月の始めに我が家の一員になったアシャは白血病キャリアです。
我が家に来てからの1ヶ月間は環境の変化などで中々具合が良くならず、一時は安楽死を勧められるほど状態が悪化しましたが、それから1ヶ月余りが経った今、当時のことがウソのように体調は回復しました。
白血病についても、陰転の可能性もまだまだ十分にあると思うほど、その回復力は驚くほどのものです。

アシャを含め、以前から私が日常的に猫たちに気をつけていることは、質の良い食事とストレスの少ない環境作りです。
病気の子への食事の切り替えは慎重にと昨日書きましたが、アシャの場合は何の抵抗もなく生食に移行できたので、それについてはストレスがなかったと思っています。
またアシャは我が家に来る数週間前までは外で暮らしていたため、ワクチン接種や投薬など、薬剤等の影響をほとんど受けていなかったことも、幸いしていたかもしれません。

a0048862_22323286.jpga0048862_22334718.jpg







またたびに酔いしれるアシャ。もうふにゃふにゃです(笑)

アシャには貧血もあるため獣医さんからは定期的に血液検査を受けるようにと言われていますが、通院も大きなストレスになるため、状態が安定している今、通院はもうしばらく先にしようと思っています。
現在のアシャは毎日140グラムの生食とa/d缶を1/2缶食べています。
サプリメントについては、免疫を強化すると言われているビタミンCを若干多めに食事にプラス。
そして一日一回、造血を促すジェモレメディと、飲み水には貧血を改善するため脾臓を強化するレメディを入れています。
体重はもちろん増えましたが、最近は肉球や鼻がピンクになってき、ふらつくことも全くなくなったので、貧血も改善しつつあるように思います。

ただし、涎はまだ時折量が多く、また臭いもきついので、口腔内に何らかの異常はあるのでしょう。
しかしこれまでのように歯軋りしたり、痛がったりという様子が見られなくなったことから、アシャの生命力が治癒の方向へと向かっていれば、これまでアシャの身に現れた様々な症状が一つ一つ解決していったように、いずれは解決するのだと思っています。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-12 22:55 | 猫たち | Comments(2)

生食と病気の関係

先日、猫たちの主食のお肉を調達に行ったときのこと。

お店のオーナーから、「生食にすると白血病は治りますか?」と問い合わせがあったと聞きました。
うーん、どうでしょうか。
私としては生食によって病気が治るとは言えませんが、その子が本来持つ生命力に活力を与え、治癒へ向かうチャンスを与えてくれると信じています。

我が家が生食に切り替えたのは、2年半前。
セリが原因不明の皮膚病を患ったのがきっかけでした。
以前から猫の食事について疑問に思うことが多く、この時は病院に連れて行けないセリをどうにか少しでも楽にしてあげたく、必死であれこれ調べました。

そこで分かったこと。
猫は本来肉食であること。(魚ではないのです)
猫は穀物を消化する酵素を持っていないこと。
そして、人間以外の動物で加熱や加工したモノを食べるのは、ペットだけだということ。

この3つを考え納得した上で、生食への切り替えが始まりました。

一見生食への切り替えがうまく行ったかのような我が家ですが、実は4年前にも一度生食にチャレンジしたのですが、撃沈。
その後も何度か試みたものの、毎回ミイに盛大に砂かけをされ、これはもう無理かと思っていました。
けれどこれまで試行錯誤した中で気づいたことは、猫によって好きな肉や形態は必ずしも同じではないということです。
そこさえクリアできれば、後はそれほど大きな苦労なく切り替えていけると思います。
しかしそれも生食に慣れていけば、どんな種類のお肉でもちょっとした工夫で食べるようになります。

現在読んでいる本には、生食によってい猫のIBDが完治した例が沢山紹介されています。
長年生の肉を主食として食べてきた猫の身体は、加工食を食べるようになった今でも変わっていないため、生でない食材を消化吸収するために胃腸に負担がかかっているの、そこを改善することで病気が治癒したのでしょう。
また生食を頑と拒絶する子は、多くの市販のフードに含まれている猫の好む風味付が原因かもしれません。
生食にはそのようなものが一切添加されていないため、風味が強い食事に慣れてしまっている子には、物足りないのだと思います。

話が横道にそれましたが、生食は猫本来が持つ食生活なので、消化吸収の際の身体への負担が少ないこと、また消化吸収率が高いこと、そして添加物の面から考えても、病気の子にも良い食事だと言えるでしょう。

a0048862_224208.jpg

生食に切り替えて一番最初に変化が現れるのは被毛です。
茶輔のように若干毛の長い子はフワフワに、短毛の子はビロードのような滑らかな艶のある美しい被毛に変化していきます。
a0048862_225172.jpg

また顎下のアクネも生食によって完治しました。

ただし。
食事の切り替えは時には猫にとって大きなストレスとなります。
普段、いわゆるプレミアムフードの缶詰を食べている子はドライ派の子よりは切り替えはスムーズに行くと思いますが、ドライの子は時間がかかる場合が多いようです。
ですので、ストレスに弱い病気の子や高齢の子、そして急激な体重の減少は脂肪肝の原因となる肥満気味の子は注意が必要です。

食事の切り替えはあくまで『健康なとき』が基本です。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-11 22:09 | 猫たちの食事 | Comments(2)

チクチク、ヒリヒリ

我が家のミイはトイレチェックが厳しい。
家の中を日に何度かパトロールをする際に、部屋だけでなくトイレのチェックも欠かしません。

「茶輔!用を足したらちゃんと砂をかけなきゃだめ!」
「セリ!新聞紙トイレも見えないからって言って、隠さないのはだめ!」

時々盛大に砂を掻くあまり、肝心のブツがトイレの外に飛び出してしまうことも...(苦笑)
もちろんそれを拾って元に戻すなどという芸はなく、飛び出たブツを、「誰だ?こんなところにしちゃうのは...!」と一生懸命床を掻いています...。

けれど、先週はいつもと様子が違いました。
最初はいつものように排泄をするのですが、その後もトイレをはしごして、しゃがみこんでいました。しゃがんだ後を見ると、最初の箇所にはピンポン玉大のシッコ玉がありましたが、それ以後は回を重ねるごとに玉が小さくなっています。

頻尿だ!

食欲も元気もあり、またシッコ玉も確認していることから、緊急を要するものではなさそうだと思い、レメディを与えて様子を見ることにしました。
膀胱炎には数種類のレメディがありますが、今のミイの状態を想像して、Uritica Urensというレメディを与えました。
急性だったので、その晩は1時間おきに3回。
そして翌朝もう一度。
頻尿は...、見事に治まりました!

さて、このUritica Urensはイラクサという植物から作られたレメディです。
イラクサの茎や葉の表面には毛のような棘があります。
その棘の基部には痛みや痒みの元を含んだ液体の入った嚢があり、棘に触れてその嚢が破れて皮膚につくと症状を引き起こします。
この痛みがチクチク、ヒリヒリ。
マテリアメディカにもstinging, burning pain(棘で刺すような、焼けるような痛み)とあります。
膀胱炎を経験した方ならこの痛みは想像できるでしょう。

今回は尿閉塞がなかったので緊急性はないと判断しましたが、閉塞がある場合は尿毒症を起こす恐れがあるのですぐに病院へ行かなくてはなりません。
尿毒症は、尿閉塞が起きてから72時間以内に処置をしなければ死亡する可能性も非常に高い恐ろしい病気です。閉塞が始まってからどれくらいの時間が経過しているのか正確に知ることは難しいため、気づいたときには時間的な猶予はないと思うに越したことはありません。
以前、猫の掲示板で「オシッコが出ません」という書き込みを見たことがありますが、返信を待つ時間は猫にはないのです。

オスメス両方に見られる病気ですが、尿度が細く長いオスの方が重症化しやすいそうです。

a0048862_16354785.jpg

ミイ: 3年ぶりのチクチク、ヒリヒリ。気持ち悪かったよ~。

予防法は、水をたくさん飲ませる工夫をすること、ストレスの少ない生活を心がけること、そして私は食生活も大切だと思います。
これについては、また後日。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-08 16:44 | 猫の病気 | Comments(0)

春ですねぇ

今日は息子の高校の入学式でした。

幼稚園、小学校、中学校とずっと制服がなかった息子は、今朝、生まれて初めて制服を着ました。
「何か変...。」
これが息子の第一声。
私も息子の制服姿は見慣れないせいか何か不思議な感じがしましたが、小さかった息子も大きくなったなぁ...と何とも感慨深くなりました。

a0048862_23455886.jpg

写真:先日の嵐で咲いたばかりの桜は飛ばされてしまいましたが、それでもまだしっかり咲いてくれています。

息子は小さい頃は今から想像がつかないほど同年代の子たちよりずっと小さく、身体も弱い子でした。
私は出産時の事故で長期間に亘り薬を服用しなければならなくなり、薬の副作用から赤ちゃんだった息子に母乳を与えることができませんでした。
1ヶ月の集団検診のときに母乳育児をしていないことで「母親失格」と、またその後アトピーのような症状が出始めたときも、母乳を与えていないからだと言われ、当時はノイローゼ寸前まで落ち込みました。

カサカサした肌。
原因不明の湿疹。
中々増えない体重。

小児科に通わない月はありませんでした。

しかしそんな息子も時が経つにつれ少しずつ丈夫になり、幼稚園に入園した頃から、それまで通い続けていた病院へ通うことも段々に無くなり、小学校に上がる頃にはそれもほとんどなくなりました。時折行くと、「あら、Rちゃん、久しぶり。大きくなったわね。」と言われる程になりました。

昨年夏、幼稚園の10周年の式典に出席し、その際何年ぶりかに息子に会った友人は、涙を流して息子の成長を喜んでくれました。
「立派になったね」と。
本当に大きくなりました。

入学した高校は私立高校ですが、同級生は570名余り!
そのうち約3/4は男子で、思わず「男子校?」と思ったほどです。

これからの3年間はどんな高校生活になるのでしょう。

これまで比較的自由な校風の基で育っていることもあり、規則の厳しい私立は当初は少々厳しいものがあるかもしれません。
けれど多くの子どもの適応能力は高いもの。
きっとすぐに友達もでき、楽しい学生生活をスタートできると思います。

a0048862_09191.jpga0048862_091823.jpg







家の周りに咲いている花。集団で咲いているものでも、一輪で撮ると個性を感じます。

a0048862_010286.jpga0048862_0105327.jpg







プランターの花も元気に咲いています。

ぶかぶかの制服に夢と希望をいっぱいつめて、頑張れ、R!
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-06 23:55 | 日常 | Comments(2)

賢いウィルス

インフルエンザ予防薬『タミフル』の安全性が問われる中、タミフルが効きにくいと言われているB型インフルエンザからタミフル耐性ウィルスが発見されたそうです。

そのニューズを聞いたとき、白血病キャリアと診断されたアシャを我が家で迎る際に読んだ、猫のエイズ・石田卓夫著に書いてあった、ウィルスの生き残り方法を思い出しました。

猫エイズ、猫白血病と診断されると、大抵は絶望感、もしくはそれに近い感情を抱くと思います。
私も一時的ではありましたが、実際とても落ち込みました。
しかし石田先生によると、エイズウィルスの目的は宿主を死に追いやることではなく、自らが生き残るために感染を広げることだというのです。
宿主が死んでしまっては、自らもそこで途絶えてしまいます。
そのため、細胞を病気にせず、自分の子孫を残すためにできるだけ長く感染していようとするのだそうです。

猫エイズも猫白血病も感染初期の急性期には発熱やリンパ節の腫れが確認できますが、健康な成猫ならば数日~数週間でその症状は治まってしまいます。
エイズの場合は一度感染したら生涯キャリアとなってしまうそうなので、生涯体内に感染力のあるウィルスを保持しますが、白血病の場合は感染時から約16週間の間にウィルスが身体から排除され、陰転するケースがあります。
その割合は猫の年齢と関係しており、若いうちに罹った子はキャリアになる可能性が高く、逆に身体が成熟してから罹った子は一過性の病気として終結してしまうそうです。
これは個体の免疫力によるものでしょう。
一度しっかりとした基盤(体力)が出来上がれば、そう簡単には病気に負けないのでしょう。

a0048862_2005817.jpg

茶輔: ふーん。

ここでふと、疑問が湧き上がってきました。
ホメオパシーではウィルスはどの種族に属するのだろうか、と。
生物だから動物族だと、私は思います。
ホメオパシーのレメディは、動物・植物・鉱物の3つに分けられますが、そのうち動物のテーマは、『Survival~生き残ること』です。
それを思えば宿主となる猫もまたウィルス同様動物であることから、『生き残ること』をテーマとしている生命体なのです。

そういえば、以前薬剤に耐性を持っているというスーパーゴキブリなんていうものも話題になりましたね。
ゴキブリも動物族に属する昆虫です。
生き残るために、動物はあらゆる知恵を絞って変化するものなのでしょう。

このタミフル耐性ウィルスは人から人へ感染していることから、今後もタミフルを使い続けることが有効なのか、私個人は疑問に感じています。
人間も動物族ですから、生き残るために、命を脅かす可能性のあるウィルスなどを薬等で根絶しようとしているのでしょう。
果たしてこの知恵が正しいのか否か。

人間vs.ウィルスの戦いは今後も続きそうです。

石田先生のサイトに興味のある方は↓をクリックしてください。猫のウィルスについてとても分かりやすく書いてあります。
猫のウィルス病公式サイト
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-04 20:22 | 日常 | Comments(0)

弱気な父

先日、実家の父から息子の高校祝いが送られてきました。

御礼の電話をすると、「R(息子の名前)にこういうことをしてあげらるのは最後かもしれないから...」と言うのです。
私は驚いて、「お父さん、何を言っているの?3年後は大学受験だし、5年後には成人だし、その後には社会人になるのよ。それまでずっと元気でいて、お祝いしてちょうだい!」と咄嗟に返答したのですが、電話を切ってとても悲しい気持ちになりました。

父がそう言うのは恐らく自分の健康に自信がなくなってきたからだと思います。
身体的な後遺症は何も残りませんでしたが、父は3年程前に軽い脳梗塞を起こし、そして今冬は原因不明の湿疹と心臓に異常が現れてきたのです。
父の両親は父がまだ10代の頃に心疾患で亡くなっています。
そして自分の兄弟や同世代の親族、また古くからの友人が病に倒れているのが相当堪えているのでしょう。

父は世間体をとても気にする人で、小さい頃から躾が異常に厳しく、私はそんな父が嫌で嫌でなりませんでした。
父に可愛がられた思い出は記憶にないし、友人が彼女の父親と仲良くしているのを見て、羨ましくてなりませんでした。
でも最近になって気づいたのです。
父は表現こそしなくても、父なりに精一杯私を大切に思ってくれているのだと。

私自身が子育ての壁にぶつかるたびに感じたこと。
それは『子を思わない親はいない』ということ。
そんなことはないと思う人もいるかもしれませんが、そういう親はそういう自分に苦しんでいると思います。
これは私が親になって初めて分かったことです。

そんな私の父は今年71歳になります。
長生きしてとは言わないけれど、与えられた時間をともに楽しく生きていきたいです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-04-02 20:59 | 日常 | Comments(4)