<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

悩める飼い主

今年の4月から私の通うハーネマン・アカデミーでは、新たにアメリカからキム・エリア先生を講師に迎えて授業が行われています。
キム先生は講師として世界的に評価が高く、私が今年の1月にインドへ行った際にも、アメリカからの参加者は「彼はクラシカルホメオパシーを教えるのがものすごく上手い!」と絶賛していました。

先週末はそんなキム先生の授業だったのですが、キム先生はCat Loverでもあり、ご自宅にも可愛い猫さんがいます。
うちにも猫たちがいることから、よく授業の合間にお互いの猫の写真を見せ合ったり、猫のことを話したりするのですが、この週末は猫の食事についてちょっと話をしました。

うちの猫たちは生のお肉を中心とした食事をしていると言ったところ、キム先生もそれが猫にとってベストな食事だと仰っていました。
また彼は多くの猫が腎臓病を患うのはその食事にあると言います。
元来砂漠の生き物だった猫は元々水を多く飲むように身体自体がデザインされていないため、ドライフードを食べ沢山の水を飲むということは、猫の身体機能に多くの負担を掛けているようです。

実際に『生肉 vs. 加熱した肉』を食べさせて、どちらが猫に取ってより良い食事かということを、1930年台に900匹の猫で実験した医師もいます。
その結果が下の写真の右側の本に書かれています。
また左側の本の著者である、M. Bernard獣医師は、丸ごと食を推奨している方です。この本には私がこれまで考えてきた様々な疑問に対する答えが詰まっています。
興味のある方は是非参考にされると良いと思います。
a0048862_2247136.jpg

しかし丸ごと食はすずめやうずらなどの小動物は、猫が必要とする栄養素の面において、リンとカルシウムの比率が理想値にそう遠くはないのですが、鶏やウサギなどはリンの数値が基準値をはるかに上回ってしまいます。
何故でしょう。

私が猫だとしたら、鶏やウサギをハントした場合に、まずは内臓を食べ、次に肉を食べるでしょう。また、肉を引きちぎったり引き裂いたりする歯はあっても、人間のように食物をすりつぶす臼状の歯はありません。このことから歯の表面を削り食べることはあっても、大きな骨をバリバリと食べることはそうそう出来ないように思います。
骨にはカルシウムも多く含まれますが、同時にリンも多く含まれています。なので、鶏やウサギを骨ごと挽いて与えるのはリンの過剰摂取に繋がります。
なので、丸ごと食を与えるときは、自分で挽く場合は骨の量を減らすか、肉を増やすかするのが良いでしょう。

またアメリカのホメオパス獣医であるピトケアン医師は、今日骨髄には多くの有害物質も含まれているため、カルシウムは骨由来のものではなく、海藻由来のもの勧めています。
我が家では現在丸ごと食については、鶏は大地を守る会もしくは生活クラブ生協のものなど、生産者や肥料などの情報が明らかな鶏を与えるようにしています。

自宅でお肉を挽くようになって、猫たちの食欲は以前に増して凄まじいものがあります。
トッピングを必要としていた子も今ではトッピングなしで、モリモリと食べます。
どの子も食事の支度をしていると待ちきれなくて大騒ぎで、挙句の果てには小競り合いが始まることもしばしば(苦笑)
別室にいるアシャもそんなみんなの気配を察して、大きな声で催促しています。
a0048862_2236514.jpg

茶輔: アシャくんに負けないように食べなくっちゃ!

猫たちの食事に関する探究は、もうしばらく続きそうです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-29 22:46 | 猫たちの食事 | Comments(0)

レメディはどうやって選ぶ?

ホメオパシーの治療は、"The State of Being" (その人のその時の在り方)を見て、レメディを選びます。

急性病の場合、症状の出方は急激で、その時の患者さんの状態が共通した場合が多いため、セルフケアで対応できるものも多いと思います。
例えば火傷をした場合。
そのときの患者さんの心や症状の在り方は、多くは似ていると思います。そういう場合のレメディ選びは100%ではありませんが、比較的高い確率で正しいレメディを選ぶことができると思います。
現在はそのための書籍も数多く出版されているので、興味のある方は1冊購入してみるのも良いでしょう。
また本だけではちょっと物足りないと言う方は、セルフメディケーションコースがありますので、そちらに参加することをお勧めします。

そして急性病の場合には、正しいレメディを選択すれば、病気はすぐに治癒へと向かい始めます。しかしながらそういった変化がすぐに見られないときには、かかりつけのホメオパスや医師に掛かってください。
どうにかしたいと思っても、セルフケアでは限界があります。
急性病の場合は命に関わるものも少なくないため、症状が進まないうちに専門家に診てもらうのが賢明でしょう。

しかし慢性病の場合は、セルフケアで治すことは不可能に近いため、ホメオパスに掛かることをお勧めします。
通常ホメオパスの診療は、ホメオパスと患者さんの一対一で、セッションと呼ばれる問診方法で行われます。
このセッションは、ホメオパスが患者さんの全体像を知るために必要不可欠なもので、初診では個人差はありますが、大体2時間~3時間かけて行われます。
私もインドでセッションを受けましたが、セッションは約3時間半かけて行われました。

セッションではもちろん病気について質問されますが、どんな食べ物が好きかとか、暖かい気候と寒い気候はどちらがよりその症状を悪化させるとか、場合によってはどんな格好で眠るかとか、『こんなことと病気に何の関係があるのだろうか?』と思うような質問もされます。
そしてその答えに対しても、もう少し詳しく説明してくれとか、その時何を感じたかとか、時には『もうこれ以上答えられない!いい加減にして!』と思うほど、しつこく聞かれることもあります。
けれどそれはホメオパスが患者さん自身を『偏見のない目』で観察するために必要なことなのです。

ホメオパシーではこのセッションというのが全てだと、私は思っています。
患者さんが導いてくれる患者さんの歴史を、患者さんを時には励ましながら患者さんとともに病理の深部へと近づいていくこと。
そしてセッションを通じて患者さんに気づきをもたらすこと。
これがセッションの意味だと思います。

そのようにしてセッションを行った後、ホメオパスはセッションを分析してレメディを決めます。

a0048862_23185976.jpg

バレリーナみたいな足?誰の足?
a0048862_2320194.jpg

ボクッ!茶輔の足!(茶輔、顔が大きいなぁ)

なんだ、簡単じゃないと思う方もいるかもしれませんが、人というのは誰しも偏見の塊で、偏見無くして相手を見るということは、実はものすごく難しいことなのです。
多くのホメオパスはセッションの途中で患者さんの口から出てくるキーワードからレメディを推測したりします。
これは深く広い知識から来るものでしょう。
しかしこのような思い込みから、ホメオパスが思いついたレメディへと患者さんを導いてしまうことも多々あります。

ホメオパシーの主役はあくまで患者さんです。
ホメオパスはそっと患者さんに寄り添い、患者さんの言葉に耳を傾け、患者さんが語る患者さん自身をそのまま真っ白なキャンバスに忠実に描いていくだけなのです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-25 23:15 | ホメオパシー | Comments(0)

ホメオパシー入門

私の通う、ハーネマンアカデミーの学長である永松昌泰先生が、この度ホメオパシー入門という本を出版されました。

私自身も早速購入して読んでいますが、ホメオパシーを勉強する立場として『ホメオパシーの本当の意味』に立ち返る意味でも、非常に素晴らしい内容です。
永松先生は非常に温厚な方ですが、授業でホメオパシーについて語るときの先生はとても情熱的です。この本もやわらかい言葉で書いてあっても、熱弁を振るう先生の姿が目に浮かぶような、そんな錯覚をも持ってしまうほど、アツイ一冊です。

もちろん、「ホメオパシーって何?」と思っている方にも、非常に良い本だと思います。

興味のある方は是非、読んでみてくださいませ。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-23 23:37 | お知らせ

前向きに、そして希望をもつこと

おとといの夜中、ティミーの里親募集をしているYさんからメールが入りました。

『ティミー、飛びついて噛みます。里子に出せないかも(涙)』

実はティミー、募集直後から現在まで6件のお問い合わせを頂いています。
そのうちのお一人が非常に良い方で、Yさんもその方を最有力候補として話を進めてきました。

ティミーは去勢をしていないオスが数匹いる部屋で、仔猫時代からYさんが引き取るまでの7ヶ月間を過ごしてきました。
オス同士のケンカが始まるとそれは凄まじいものだと飼い主さんも言っていたのですが、Yさんが何度去勢手術を受けるよう説得しても、残念ながら今現在も未去勢のままでいます。
そんな環境の元、荒々しく育ったせいで噛むのかもしれませんが、7ヶ月の男の子と言えば遊びたい盛り。
取っ組み合って遊ぶ相手がいなければ、自分が心を許している人間を遊び相手に見立てるのは、良くあることです。
我が家でも今では随分と大人しくなったミイも、1匹飼いの時代には、私や息子の手足にじゃれつき、私たちの手足はミイの遊びでついた傷だらけでした。

Yさんは私のことを『せっかち』だというのですが、こと猫のこととなるとYさんは私の何倍もせっかちです。
色々と可能性があるのに結論を急いで、そうなると決まっていない事実を想像しては悲観して絶望的になるのです。
何でこんなふうになってしまうんだろうと思いつつ、それに慣れた今は、そんなYさんの在り方をホメオパシー的に分析しています(苦笑)
a0048862_220487.jpg

ティミー: ボクは遊んでいるだけなんだけどなぁ...。

Yさんには、そう悲観的にならず候補の方に今のティミーの状態を話してみたら?若い猫ってそんなものって思っている人だっているんじゃない?と翌日になって返事をしたところ、夜になって元気な声で電話がかかってきました。
何でも、明るく励ましつづけた私に腹が立って彼女の親友に電話をしたところ、その彼女が私を誉めたことにまた腹が立ったけど、ティミーの噛み癖に対処する方法を別の友人から教えてもらいそれを試してみたところ、上手くいったとのこと。
おまけに里親候補の方は実家で飼っている猫がやはり噛み癖のある子だったそうで、ティミーが遊びの延長で噛んでしまうことをすんなりと理解してくれたそうです。

とりあえず、一見落着。
お届けは先方の都合で来月の中旬となりますが、荒っぽい環境から穏やかに暮らせる環境に移ったティミーに、これから何らかの変化が出てくることも期待できるのではと、私は思います。

何事も、前向きに、希望を持つこと。
これはとっても大切なことなんだよ、Yさん!
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-23 22:07 | 里親募集 | Comments(7)

パクパク、ムシャムシャ

先週末はセミナーと授業の合間をぬって、猫たちのために大量のお肉を挽きました。
お肉は空気に触れる面が多くなればなるほど鮮度が落ちるので、食べる直前に挽くのが理想ですが、仕事や勉強に忙しい私には無理。
それでもやはり家で挽いたものは市販のものとは違うのか、全員見事に食べてくれ、生食があれほど苦手だった茶輔が、一番長い時間キッチンにいるようになりました。

さて、挽いた量は...。
一日目は鹿肉5キロ+α、鶏肉2キロ。
二日目はうずら4キロ+α。
鹿はお肉と内臓だけでしたが、鶏とうずらは骨ごと挽いたので、かなり力が要りました。
ふぅ~、疲れた。
鹿肉は今回、こちらで、鶏肉は大地を守る会で、うずらはタイデスさんのものを使用。
鹿のひき肉については、上田精肉店さんのものを前回購入しましたが、こちらも品質が非常に良かったです。

今回うずらはサカイ企画さんでも少し購入したのですが、私的にはタイデスさんのうずらの方が鮮度が良いと思いました。
ただサカイ企画さんには嵐山善兵衛の健康一番という副食材があり、これを今回肉の量を減らしたい壮年期以降の子たちのために使ってみました。

a0048862_20591069.jpg

食後、横になって寛ぐ茶輔。沢山食べるせいか大きくなったような気が...。

猫は体内に穀物を分解する酵素を持たないので穀物を含むこの商品はどうなのかと思いつつも、少量ならばと使ってみました。
香りはお茶漬けの素ような匂いがしますが、塩味はほとんど感じません。
肝心の猫たちには大好評!
壮年期の子達はこれと野菜を約2割強、若い子は約1割をお肉に混ぜています。

凝りすぎだなぁ...と思いつつも、家族である猫たちの食生活も私にとっては大きな関心事。
猫たちの健康を守るためにも、納得するまで凝るのも良いかもしれません。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-22 23:14 | 猫たちの食事 | Comments(4)

ボクを家族に迎えてくれませんか?

SOS!

昨年暮れ、友人のYさんととある方の飼い猫の避妊手術をお手伝いしたのですが、その方がご病気になり、その猫たちを飼うことができなくなってしまいました。
お手伝いをした時点ですでに40数頭の猫たちがいたのですが、その後新たに数頭の猫を家に入れ、現在その数は50頭。
全ての猫を引き取り里親募集をすることは非常に困難なため、できることからと、写真のティミーから募集を開始することにしました。

a0048862_2352735.jpg

a0048862_2311456.jpg


名前(仮称)はティミー。生後7ヶ月の茶白の男の子。
おなかの横のドット模様がとても美しいです。
抱っこはあまり好きではありませんが、背中を撫でると気持ち良さそうにゴロゴロ喉を鳴らして寝転びます。マイペースなとても大らかな性格です。

募集について詳しくはこちらをご覧ください。

遊びたい盛りの可愛いティミーを、どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-20 23:16 | 里親募集

レメディとは

ホメオパシーのレメディ(Remedy)とは治療薬を意味し、その種類は現在4000以上あると言われています。
その多くは大きく分けて植物・鉱物・動物の3つから作られていますが、その他にも病原体そのもの(ノゾ~Nosodesと呼ばれています)や月の光から作られたレメディもあります。

レメディを作る際に、作りたいレメディの物質自体を液体に浸し、原液~マザーチンクチャーを作ります。
原液から1滴を取り出し、99滴の液体で薄めたものを振盪(叩くこと)させ、その振盪させた原液1滴を99滴の液体で薄め更に振盪させる。
この作業を何度も何度も繰り返していくと、物質自体はどんどん薄まっていきますが、その物質の持つエネルギーはどんどん強くなっていきます。
この希釈・振盪をポーテンタイズと言い、希釈率をポーテンシーと言います。
ポーテンシーで示される数が大きくなればなるほど、物質は薄まり、エネルギーは強まります。
このようにポーテンタイズされた液体を砂糖玉にしみこませたものが、レメディです。

ホメオパシーって何?と聞かれそれについてちょっとお話したとき、大体この時点で「怪しい~っ!」と言われます(苦笑)
私自身も授業で熱心に先生がこういう話をしているとき、内心『怪しい...』と思ったりするのですが、しかし実際にレメディが作用すると、その怪しいが不思議へと変わるのです。

前回のエントリーでも書きましたが、正しく選択されたレメディとポーテンシーを取ることで、それまで悩まされていた症状が消え去りました。
何時間も続いた咳がレメディを口に入れるとほぼ同時にピタリと止む...。
不思議だけどすごいのです。

a0048862_2333996.jpg

チイ: お母さんたちと暮らすようになってもうすぐ4年になるけど、病気知らずなのよ。
(後ろの茶輔の口元が『へ』の字で変)

ただし急性の症状ならまだしも、ある程度根が深い疾患については、本格的なホメオパシーの勉強なしでは、レメディやポーテンシーの選択は難しいでしょう。
私たちが日常セルフケアとして使うレメディのポーテンシーでは物質が測定できないほど薄まっているため副作用はありません。しかし間違ったレメディを飲み続けることはその個体のエネルギーに様々な影響を及ぼします。

ホメオパシーは医学であり、そしてレメディは治療薬なのだということは忘れないでくださいね。

レメディについての続きは、また次回に。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-16 13:16 | ホメオパシー | Comments(2)

ホメオパシーとは

来週、私の地元でホメオパシーについてお話させていただく機会があり、その準備も兼ねてこちらでもホメオパシーについて少し紹介したいと思います。

ホメオパシーは今から約200年前、ドイツ人医師、サミュエル・ハーネマンによって発見された医学です。

当時ドイツではマラリアが大流行しており、そのマラリアの治療にキナの皮が薬として使われていました。
ハーネマンが別の医師に「何故、キナの皮がマラリアに効くのか?」と尋ねたところ、その医師は、「苦いから」と答えました。
そこでハーネマンは疑問に思ったのです。

「世の中にはキナの皮以外にも苦いものは沢山ある。何故キナの皮だけがマラリアに効くのだろうか?」

そこでハーネマンはこのキナの皮が一体どんなものなのか、自らとってみたのです。
するとどうでしょう。
高熱、寒気、発汗、嘔吐・下痢などと言ったマラリアの症状そのものが彼の身体に現れました。
その時ハーネマンは、「健康な人に投与したときにその病気と同じ症状を持つ物質が、その病気を治すことができる』という『同種の法則~Like cures Like』を発見したのです。

その後偶然からハーネマンは物質を希釈振とうすることで、その物質の持つエネルギーが強まることを発見します。
希釈することで物質自体はどんどん薄まりますが、振とうすることでその物質の持つエネルギーはどんどん強まっていくのです。
このエネルギーの濃度のことを、ポーテンシーと言います。
希釈振とうの回数が多くなればなるほど、ポーテンシーは上がり、ポーテンシーが高くなればなるほど、そのエネルギーは病気の深部まで作用します。

私が今回体調を崩した際にホメオパスからあるレメディを摂るようにアドバイスされたのですが、生憎そのポーテンシーのものを持っておらず、とりあえず持っていた低いポーテンシーのものを数時間おきに繰り返しました。
しかし熱は下がったものの、咳はどんどん酷くなるばかりです。
ホメオパスからは低いものでは効き方が弱いを言われ、指定したポーテンシーのレメディが届いたら、そちらに切り替えるようにと指示がありました。
そしてレメディが到着し、早速服用すると...。
今まで治まらなかった咳が徐々に治まり始めました。
その後、鼻や喉から沢山の分泌物を排出しながら、状態は急速に回復しました。

ホメオパシーは何だか怪しいなぁ...とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
人間は自分が知らないことにはとかく不安を抱くものです。
しかし知らないこと(怪しいこと)はイコール間違ったことではないのです。
これは怪しいと思いつつもホメオパシーを体験し、実際にその恩恵を受けた方なら、私が言いたいことはお分かりだと思います。

治療の本来の目的は、患者さんの苦痛をできるだけ速やかに取り除くことなのではないでしょうか。

a0048862_2351067.jpg

ミイ: レメディはボクの頻尿も治してくれたよ。

次回はレメディについてご紹介したいと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-10 14:05 | ホメオパシー | Comments(2)

もう一手間かける

現在、我が家の猫たちは鶏やうずら、うさぎなどの丸ごと全体ミンチ中心の食事をしていますが、以前から家でこの丸ごとミンチはできないものかと考えていて、この連休中に思い切って挑戦してみることにしました。

a0048862_21173943.jpg骨も丸ごと挽くので、フードプロセッサーではとても無理で、ネットであれこれ探しているうちにこの道具に行き着きました。届いたときは正直、ビックリ。大きいし重いし。とりあえずダイニングテーブルに固定して、早速挑戦してみました。心配した骨のザラザラ感は一切感じられませんでした。粗挽きが好きな子はプレートの穴径が大きなものを使えばよいと思います。

a0048862_2121972.jpgまずはウズラに挑戦。
ウズラはこだわりうずら卵のお店タイデスさんのうずら中抜き(骨付き)を使いました。新鮮なウズラの骨は軟らかいと聞いていましたが、正にその通り。ミンサーは特に力を入れる必要もなく、難なくウズラを挽いてくれました。



a0048862_2125257.jpgこちらはウサギ肉です。
残念ながらウサギは丸ごとのものが手に入らないので、後でカルシウムを添加します。内臓肉もウサギの内臓が手に入らないので、鶏の内臓を代用しました。



現在購入しているお肉はどうも以前から匂いが気になっていたのですが、我が家で挽いたものは一切匂いが気になりません。タイデスさんのウズラは月に一度決まった日に処理をして発送しているそうなので、鮮度は非常に良いと思います。(もちろん人間用のお肉です)
大きさは一羽あたり約120グラム。若い子たちはハサミで切った骨付きの塊肉を与えてみましたが、みんな上手に食べていました。
中型犬がいる友人にもお分けしたのですが、その子は丸ごと一羽、上手に食べきったそうです。

さて、うちの猫たちの反応は。
絹挽きと言って良いほどキメが細かいので嫌がるかなとも思ったのですが、全員完食!
ウサギ肉も使い終わった道具に全員が群がるほどでした。

a0048862_21334769.jpgこれはおまけ。
このピルクラッシャーは本当に優れものです。
値段が2000円近くてずっと買うのを躊躇っていたのですが、思い切って買ってみたらなんて便利なこと!今までケチってビタミン剤をナイフで細かく砕いていたのですが、その手間をこの商品は一気に解決してくれました。

こだわり過ぎかな~?とも思いつつ、自分で選んだ食材でのゴハン作りは楽しいものです。
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-05 21:51 | 猫たちの食事 | Comments(2)

New camera

連休に入る少し前、会社の同僚からデジカメをいただきました。

a0048862_23112218.jpgちなみにこちらは2年半前に購入したカメラ。小さくて使いやすくて別にこれに不満があるわけではないのですが、なんとなく他社のものも使ってみたいなぁと思っていたところでした。最終的にLumixとOlympusの2社まで絞り込んだのですが、今すぐ買わなくてはいけないものでもないし...と思っていました。

a0048862_23101330.jpgそしてこちらが同僚から頂いたカメラ。同僚は1年ほど前にライカのコンパクトデジカメを買ったばかりで、「同じようなものですから、どうぞ」ということで、私に譲ってくれました。




で、早速撮ってみました。
a0048862_231728.jpg

a0048862_23172080.jpg

最近のアシャです。
顔がまん丸なのは別にカメラのせいではなく、持って生まれた輪郭のようです(苦笑)
しかし、三角とか横広とかの顔は良く見ますが、まん丸は福ちゃん以来です。

そして、体調もすこぶる良く、最近は3段ケージの最上階から外を眺める余裕まで出てきました。
ベッドは小さめなのでキツキツですが、アシャも他の子同様、狭い場所が好きなようです。

a0048862_23202121.jpg

そして、多紀さんの『テディベア』を読んで、無防備に寝ていた大福の肉球で遊んでみました。
このテディベアのチャームポイントは、左耳が黒いこと!
3年前の冬に家に入った直後は肉球も硬かったのですが、今では軟らかいプニプニの肉球です。
熟睡しているのをいいことに、口の中のチェックと爪切りまでしてしまいました。
推定8~9歳と言われていましたが、歯石のたまり具合から、もしかしたら10歳を越えているかもしれません。

明日はどの子で遊ぼうかな?
[PR]
by livingwithcats | 2007-05-04 23:29 | 日常 | Comments(4)