<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

食欲の秋、真っ盛り

猫たちの食欲が更に増す秋。
肉の種類を選り好みしていた子たちも、現在ローテーションで与えている肉をコンスタントに食べてくれるようになってきました。

もしかしたら10歳を超えているかも知れない大福を最年長に、平均年齢は推定で5歳を超えている我が家の猫たち。
腎臓のことを考えて、お肉を若干減らし、代わりに野菜や穀物、脂質を増やしています。
野菜はアルカリ性食品なので尿をアルカリに傾けてしまう可能性もがあります。
尿がアルカリに傾くと尿中に結晶や結石が出来やすくなるため、ストルバイト経験者がいる我が家では心配ではあります。
理屈から言えば強酸性食の肉類を食べていれば体液は酸性になるでしょう。
ただ例えば1羽のスズメや1匹の鼠を丸ごと全部食べるならまだしも、小動物の一部を食べている今、肉だけだと今度は逆にたんぱく質やリンの摂取率が高くなり、結果として腎臓に負担をかけてしまうのではないかとも思うのです。
しかし、野菜や穀物を加えた食事内容でもストルバイトを発症している子や、穀物アレルギーがある子もいないようなので、自己責任の元で、しばらくはこの食事の内容で様子を見ていこうと思っています。

生食に切り替えて3年。
一度、うちの連中が食べている食事のバランスを計算してみようと思いつつも、すっかり後回しになってしまっていますが、年内に一度、できたらいいかなと思っています。
a0048862_22524884.jpg

チイ(右)は、好き嫌いなく何でも良く食べます。最近は更に食欲が旺盛になってきましたが、一度に沢山食べると吐いてしまうので要注意です。

うちの猫たちの食事に使う野菜は、季節のものが中心ですが、最近、そんな猫たちのお気に入りの野菜は春菊。
春菊は独特の香りがしますが、これを入れるようになってから、俄然食が進んでいるように感じます。そういえば、夏の間はルッコラも好評でした。
他には、これからの季節の野菜の中では大根や蕪の葉っぱも、猫たちは大好きです。

先週の金曜日、3年ほど前に里子に行った子が亡くなったと、里親さんから連絡がありました。
推定年齢4歳と半年。
その子が1歳のときに地元のとある場所から救い、募集直後にすぐに里親さんが決まったので我が家には2週間ほどしか居ませんでしたが、これまで預かった猫の中で最も手のかからない、一番の優等生。
猫とも人とも上手くやっていける、そんな才能を持った子でした。
不思議なもので、お知らせをいただく1、2日前に古い写真を見ていたら偶然にもその子の写真が出てきて、息子と「元気にしているかね~」などと話していたところでした。

Kちゃん、安らかに。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-29 23:19 | 猫たちの食事 | Comments(2)

丸4年

茶輔を保護して丸4年が経ちました。

身体こそ大きくなりましたが、中身は全く成長せず、ワガママ放題の甘えん坊です。
a0048862_21301889.jpg

保護した当日。この写真を里親募集で使いました。翌日早速お問い合わせが来たけれど、私は全然嬉しくなくて、思わず泣いてしまったほど。断る理由を探し、その後募集は取り下げました。
a0048862_21314619.jpg

保護して3ヶ月くらいのとき(右)生後半年くらいなのに、貫禄満点。この頃からずーっと同じような気がします(笑)鼻にホクロがない分、若々しいですね。
a0048862_21331593.jpg

近影。家族だけだと、こんなにリラックスしていても、ひとたびチャイムが鳴ると大急ぎで逃げる小心者(笑)

異物食い、オシッコ攻撃、猫同士のケンカ...と、病気らしい病気は昨年の冬に一度血尿を出したくらいですが、ここまで来るのには一番苦労の多い子でした。
一見強面で、家族の中では一番偉そうにしていますが、来客があると長時間隠れてしまったり、今年の1月に私が2週間家を留守にしたときは、数日間食欲が落ちてしまったという、繊細な面も持っている子です。

何につけてもワガママですが、私はそんな茶輔が大好き。
与えられた生を、精一杯元気で楽しく、そして幸せに生きて欲しいと願っています。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-19 21:39 | 猫たち | Comments(6)

小次郎のこと

a0048862_2217028.jpg

           小次郎。出会ってから1年ほど経った2004年冬の頃。

先日、偶然会った大家さんから、昨年末に小次郎が亡くなったことを知らされました。

小次郎は、2003年冬に私がここに引っ越してきて、一番最初に去勢手術をした子でした。
出会った当初は警戒心の強い子でしたが、1年半餌やりを続けるうちに小次郎と私の距離は縮まり、少しずつ甘える素振りを見せ始めた頃に、他所から大きなキジトラの猫が流れて来ました。
それがムサシです。
小次郎も強い子でしたが、ムサシは小次郎の数倍強く、結局小次郎はその後私の餌場を離れ、大家さんのお宅でご飯をもらうようになりました。

時折、大家さんから小次郎の元気な様子を聞いていたので、姿を見なくなった今でもてっきり元気にしているものと思っていました。
しかし、昨年の11月頃から急激に痩せ、あるとき動けなくなっているところをカラスに突付かれていたのを大家さんが保護し、病院へ連れて行ってくれたそうです。
それからしばらく入院しましたが、結局元気になることなく、その後病院で亡くなったとのことでした。

推定4年半の短い命でした。

私が餌やりをしているときはいつも独りで孤独な印象がありましたが、餌場を大家さん宅に移してからは、大家さんところの猫たちと仲良くしていたそうです。
でも、いつかはうちの子に...っていう約束が果たせなかったことがとても残念。
ゴメンね、小次郎。

小次郎のこと、これからもずっと想っているから。
また、いつの日か、きっと会えるね。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-16 22:24 | 猫たち | Comments(2)

予防医学の在り方

今日は先週都内で保護し、友人のYさん宅にいる仔猫の写真を撮りに行ってきました。

茶白の男の子、茶白の女の子、そして三毛の女の子の3きょうだい。
茶白の女の子が3匹の中では一番人に慣れてきましたが、三毛の子はフラワーレメディを使っても中々緊張が解けません。
それでも抵抗したり、攻撃したりということはないので、時間をかけて気長に向き合えば、きっと慣れると思います。
a0048862_23165417.jpg

a0048862_23174474.jpg

a0048862_2319175.jpg

写真上から: お兄ちゃん、いもうと(お兄ちゃんとそっくり)、そして末っ子

Yさん宅に行った際、8月に里子に行った子が持っていたヘルペスウィルスが先住猫たちにも蔓延してしまったという話しを聞きました。
3匹いる先住猫たちは皆年に一度、ワクチン接種をしていたと言います。
ワクチン接種をしているからといって、完全に病気を予防できるとは限らないのかもしれませんが、3匹の成猫全員にうつるとは...。
こういうことを聞くたびに、何のためのワクチンなのだろうと、疑問に思います。

我が家の猫たちは、2月に迎えたアシャ以外は、3年前からワクチン接種をしていません。アシャを迎える際に全員に白血病ワクチンをすることも考えましたが、以前接種したときにチイに起きた副作用と思うと決心がつかず、結局は住み分けという方法をとることにしました。
他の病気については、とにかくよりストレスの少ない住環境を工夫し、普段から免疫力を高めて、いざというときに、病気に負けない身体作りを普段から心がけています。

人間についても、猫同様、数年前からワクチンは一切止め、規則正しい生活と風土にあった食生活を心がけるようにしています。

今現在生きている人間も動物も、過去に生命を脅かした多くの病気を克服し、生き延びてきた強い種族なのです。
予防医学は大切ですが、その在り方を考える必要もあるのではないかと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-13 23:46 | 考えたいこと | Comments(0)

この1週間

ご報告が遅くなりましたが、1週間前の9月30日に代理で里親募集していたアンナを里親さんのお宅へお届けしてきました。

保護当初から全く物怖じしないアンナ。
この1週間前のお見合いもそうでしたが、緊張する様子もなく、再び部屋を探索し、そのうち新しいママが用意してくれたベッドでお昼寝するほどの余裕...(笑)
a0048862_19432971.jpg

実はお届けの朝ウンチが緩かったのでお届けを延期しようかと思ったのですが、この日同行してくれた友人のYさんと私との経験から、恐らく住環境の変化によるものだろうと判断し、お届けを決行しました。その後も下痢は続き、初めて猫を飼う里親さんにはご苦労をかけてしまいましたが、それも今では落ち着き、大変ながらも猫ライフを楽しんでくれているようです。

アンナ、シアワセにね。

そしてこの3連休は部屋の掃除&模様替えを計画していたのですが、連休2日目の昨日、友人のYさんから連絡があり、港区某所で猫の捕獲と保護のお手伝いをしてきました。
現場には大人猫3匹、生後約半年の猫3匹、生後約4ヶ月の仔猫3匹の合計9匹がおり、昨日までにそのうち4匹の猫の避妊と2匹の若い猫の保護が終了。
残り3匹を捕獲したかったのですが、結果として1匹は捕まらず、2匹のみの捕獲し午前2時に帰宅しました。
捕獲できなかった1匹は恐らく生後半年の猫のお母さんと思われます。
この子に関しては今回この話を持ちかけた友人が責任を持って捕獲する予定でいます。

昨日保護した2匹の子のうち1匹は手術してリリースし、もう1匹は先に保護した2匹のきょうだいと一緒に里親募集をする予定です。
人馴ればっちりの子たちではありませんが、極度に怯えたり攻撃したりということはないので、フラワーレメディの力を借りて、一生懸命慣らしている最中です。
健康状態は良好なので、もう少し慣れたら里親募集を開始します。

3匹の猫は2匹は茶白の超ハンサム兄弟、そしてクラシック三毛の美人ちゃんです。
写真が撮れ次第アップいたしますので、乞うご期待!
a0048862_2043240.jpg

久しぶりの3匹一緒のショット。(正確には4匹。左端にセリがちょこっと写ってます)
寒くなってきたので猫たちもくっついて過ごす時間が増えてきました。
(茶輔の頭の逆毛?は、大福がグルーミングした跡でしょう。大福もチロッと舌が出ています)
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-08 20:15 | 猫たち | Comments(6)

口が肥えたか、猫たちよ

家の猫たちの食事を生食に切り替えて、3年が経ちました。

現在、鶏肉、うずら肉、鹿肉をローテーションで与えています。
ここしばらく忙しかったこともあって、生活クラブの肉挽きをお休みして、他所から鶏肉を買ったのですが、その鶏肉、猫にはすこぶる評判が悪い...。
鶏のもも肉のミンチを購入したのだけど、内心、『これはムネ肉なんじゃ...』と思うほど、肉が水っぽい。
3キロも買っちゃたのに、どーするよ???

仕方ない、これは肉団子にでもして、人間が食べるか(笑)
しかし、猫たちよ、キミたちは口が肥えたねぇ。
友人に「家の猫たちは生活クラブの鶏肉を食べてる」というと、みんな口を揃えてうちの猫になりたいと言っているのよ~。

でも実際、生活クラブの鶏肉は美味しい。
私は17年前に生活クラブの組合員になるまで鶏肉が食べられなかったのですが、今では塩とコショーのみで食べるほど、鶏肉が好きになりました。
とはいえ、今はほとんどお肉は食べないのですが...。(食べられないのではなく、それほど欲しくないのです)
この美味しい鶏肉は生活クラブの組合員になるか、関西・山口地区の方はこちらから購入する事ができます。

さて。
先日、7月に里子に行ったチャコに会って来ました。
里子に行ってから早3ヵ月。相変わらずお目目パッチリの美少女です。
お父さん&お母さんにもとっても愛され幸せそうなチャコを見て、私も感無量でした。

チャコは我が家にいたときも市販のフードには余り興味を示さず、生食大好き!な子だったのですが、それは現在でも健在で、一度に100グラムのお肉を食べてしまうほどなんだそうです(苦笑)
「食べる割にはウンチが少なく、ムラがあるんです...」とのことでしたが、1回に100グラム食べていればムラもあるかなと。
ウンチの量は、生食の子は食べたものがほとんど吸収されてしまうため、驚くほど少なくなります。

チャコのお父さんは大工さんで、譲渡の際に脱走防止策として、玄関からすり抜けないように柵を作りますと言って下さったのですが、今回お会いした際に、すご~く立派な柵が出来ていて、感激しました。
うちのラティスとは大違い。
そのうち一戸建てに引っ越したら、全面的に脱走防止リフォームお願いしたいですと言ったら、「任せてください!」と頼もしいお言葉。
大らかなお二人のもとで、チャコは愛情を沢山もらってすくすくと成長しています。
a0048862_22161976.jpg

ミイは何でも良く食べます。右目の目やに以外はいたって健康。仔猫のときに「障害が残るかも」と言われたほど酷い結膜炎を患っていたので、これくらいは仕方がありません。そして1歳頃から膀胱炎と尿路結晶に苦しみましたが、ここ数年それも再発した様子はありません。

これからの季節、気をつけたい猫の病気に『膀胱炎』があります。
尿路疾患持ちの猫さんは、飲み水に少しお湯を加えるなどして、お水を飲ませる工夫をしてくださいね。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-02 22:25 | 猫たちの食事 | Comments(4)

鳥取市での野良猫の捕獲実施のその後

9月下旬から10月初旬にかけて計画されていた、鳥取市若葉台南町の野良猫の捕獲実施については、多くの方の訴えが届いたお陰で中止となりました。

しかしながら、保健所から自治体へ指導が行われているものの、今回の問題が最終的にどうなっていくか、その方向性はわかりません。

捕獲対象となった猫たちの餌やりさんは、避妊・去勢をせずに餌だけ与えていたそうなので、協力者の方が今後それらの猫の避妊・去勢と、里親さんを見つけられそうな猫については、保護して里親さんを見つけていくようです。

今回のこの問題で、外猫の避妊・去勢、そして保護はもちろんのこと、自治体の理解を得る努力をすることも欠かせないと改めて痛感しました。
私の住む大磯町は町自体が小さいこともあって議員さんと共にこのような問題に取り組んでいます。自治体の規模が大きくなるほど難しいかもしれませんが、お隣の平塚市でも、友人たちが理解を得ようと、日々努力しています。

行動を起こせば、きっと何かが変わる。
そう信じて、今後も私は私のできることをコツコツとやっていこうと思います。

外の子たちと人間が平和に共生できる日が近い将来、実現しますように。
[PR]
by livingwithcats | 2007-10-02 13:30 | 考えたいこと