<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

食欲、落ちず

連日の暑さにもめげず、手作り食を良く食べてくれている猫たち。

しばらくは、超手抜き食、嵐山善兵衛+生肉+アルファ(リンゴ酢、オイル、ビタミンなど。気が向けば刻んだり摩り下ろした生野菜)だったけど、最近はサツマイモやカボチャ等を煮込んで、手作り野菜ペーストを再開した。

以前は余り好評ではなかったものの、猫たちも手作り食にすっかり慣れたせいか、野菜ペーストも難なくクリア。食べない時は、鰹節や青海苔を少々トッピングすると良く食べる。鰹節や海苔はマグネシウムが多く塩分も高いのでNGかもしれないけど、我が家では毎日与えているわけではないので、これくらいはいいだろう的に与えている。

この辺りはかなりアバウトで、徹底的に食事管理をしている人からは怒られそうだけど、キチキチにやれない性分なので、というか、そうなってしまったので、徹底的に食事管理をしたい人には、このブログは余り参考いならないかも。特に最近は...(苦笑)

=1週間の食材=

野菜ペーストその1:
カボチャ中1/4、冬瓜中1/4、はと麦100グラム、青さ海苔5グラム、黒ゴマきな粉30グラム、すりゴマ10グラム

野菜ペーストその2:
里芋大6個、人参中1/4、はと麦100グラム、青さ海苔5グラム、黒ごまきな粉30グラム、すりゴマ10グラム

上記にタウリン、亜鉛、フィッシュオイルをプラス

肉類:
イワシミンチ、うずらミンチ、鶏肉ミンチ、鶏内蔵肉


肉類の量は5匹で一日約300グラム。
土日のいずれかは半日断食。(食事を1回お休み)
食材の内容は、食欲と元気とウンチを見て、内容を見直す。

毛玉も良く吐くけど、みんな元気もあって、食欲旺盛。
もちろん、気に入らない食材や気分によって食べないときもある。食欲不振が続くのは良くないけど、1回くらいスキップするのは我が家では問題ないとしている。人間もそうだけど、何となく食べたくないときがあるのと同じで、猫にもそういうときがあるのではと、私は思う。ただその後、ちゃんと食べているか確認することは必要。食事をスキップした子や食後すぐに吐いた子は、その後の食事の様子を必ず確認することは、健康管理の上でも大切なことだと思う。
[PR]
by livingwithcats | 2009-08-08 22:06 | 猫たちの食事 | Comments(0)