<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

猫ごはん(11月14日–21日)

ミイの顔の湿疹は完治した、と思う。
獣医さんからは1ヶ月は様子を見るように言われているので、引き続き要観察。でも恐らく不在中に与えた缶詰が原因だったのだと思う。

主食: うずらミンチ、鶏ミンチ、レバーハツ、カツオ
副食: サツマイモ、長芋、人参、白菜、舞茸、黒ごま、全粒粉、卵黄
サプリメント: フィッシュオイル、亜鉛、タウリン、リンゴ酢、カルシウム、総合ビタミン

週末は半日断食。
断食明けの食事もいつもの量の半分位にする。
というのも、断食後の食事で吐く子がいたから。この方法だと誰も吐かない。
翌日からは通常の量を給餌。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-28 23:29 | 猫たちの食事 | Comments(0)

河原のぴんちゃん、安らかに。

昨日、河原のぴんちゃんが今月の19日に亡くなったことを知った。

これまで書かなかったけれど、一昨年うちの子になり、昨年天国へと旅立ったアシャは、実はぴんちゃんと同じ河原の出身だった。

アシャをうちの子にすると決めたとき、そして迎えに行ったときの2回、河原へ立ち寄らせてもらった。当時は大所帯で、ぴんちゃんもだけど、トラ地蔵さまもコシロも元気で、くまちゃんやサリーはずっと私たちと共に移動していた。くまちゃんが茶輔のように私の肩に両腕を伸ばし、「抱っこして」の様な仕草をしたのを、今でもはっきりと覚えている。

ぴんちゃんは身体の大きな、とってもハンサムな子。きっと甘えたいだろうに、という雰囲気を持ちつつも、「そんなもの、フンだ!」とでも言いそうな、可愛いプライドを持った子という印象がある。
竹薮のテーブルの上に優雅に寝そべってはいても、目では配膳するKさんをいつも追っていた。

そんなぴんちゃんはもう河原にはいない。

Kさんの「もう二度と、のらねこに生まれてこないでください」と言う言葉が全て。
それだけ外の暮らしは辛いものなのだ。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-28 00:18 | 日常 | Comments(0)

猫ごはん(11月7日-13日)

ミイの顔の湿疹がかゆそうなので、副食にはみんなが好きなサトイモや長いもを使わず。

主食: うずらミンチ、イワシみんち、鶏ミンチ、レバー
副食: サツマイモ、カボチャ、ニンジン、舞茸、クスクス、黒すりゴマ、黄粉
サプリメント: カルシウム、ビタミンE、タウリン、亜鉛、総合ビタミン、アマニ油、アップルビネガー
トッピング: フリーズドライのささみ

みんな、本当に良く食べる。
特に茶輔の食欲が異常。
いつもは食べるのが遅くて、他の子に横取りされそうになっているのに、今週は他の子のボウルに顔を突っ込む勢いで食べていた。
ご飯が終わっても、いつまでもキッチンをウロウロしながら、空っぽのお皿を舐めているから、食べたりないのかも。ただ現在かなりの量を食べているので、これ以上増やすと肥満が心配。

太っている方がそりゃ可愛いんだけど、心臓病のリスクのある茶輔に限らず、太らせすぎるのは病気の元と、我が家では体重管理はちょっと厳しい。
尿路疾患も肥満はNG。
今の病院でミイの体重が5キロを切ったとき、先生に、「痩せ過ぎじゃないですか?」と聞いたら、「全然。この子はもうちょっと痩せてもいいです」と言われた。確かに、4キロちょっとの今の方が、身体付きは以前よりしなやかでより猫らしいかも。

野生の動物に病気が少ないのは、肥満がないからなのでは、と思う。
食べられないことを可哀相と思う人もいるかもしれないけど、ハンティングできずに経験する飢えは、内臓を休めるためでもある。
今のペットは人間同様飽食の傾向にあるので、食の管理は健康管理につながると思っている。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-18 09:38 | 猫たちの食事 | Comments(0)

食物アレルギー疑惑

先週の金曜日、香港から帰ってミイの顔に傷があることに気がついた。
a0048862_209518.jpg

当初、喧嘩でもしたのかと思っていたのが、このじくじくとした湿疹のようなものは、左右の耳の付け根、顎の下、頭の上などに、まるで飛び火のように広がっていった。
ミイもとても痒そうで辛そうだ。

身体をチェックしてみると、身体には何も変化がない。
最近保護猫がいた訳ではないので、寄生虫によるものでもないだろうし...と思いながら調べていくうちに、『食物アレルギー』では?と感じ始めた。

今回留守にするにあたり、留守を預かる高校生の息子に手作り食は到底無理なお願いで、何種類か缶詰を与えてもらったのだけど、その中の『牛肉入り』の缶詰は今回初めて与えたもので、もし食物アレルギーなら、恐らくこれが原因だろう。

ただ、これまでも牛肉は生で与えたことがある。
そのときには何も変化がなかっただが、人間が食べるものを少し与えただけなので、アレルギー症状を引き起こす量まで到達していなかったのかもしれない。
まあ、何であれ、一度スイッチが入ってしまったと言うことは、今後は牛肉は与えない方が無難だろう。

で、翌日。
症状が良くならないので、獣医へ。
その場でステロイドを注射された。
え、え、ホメオパシーは?と思われる方も多いと思うが、急性症状の場合、自分で対処できないときは、こういう処置も私の中ではアリなのだ。
大切なことは、とにかく今ある苦痛から、一刻も早く解放してあげること。
ホメオパシーの治療は、今後必要があればそのとき考えて行えば良い、と思っている。

掻くと湿疹は良くならないので、ミイには可哀相だけどしばらくカラーをしてもらった。
食事も土曜日からは通常の手作り食へ。
しばらくは痒そうにしていたけど、湿疹が乾いて来ると掻く頻度も下がり、3日後には、カラーも外した。

病院からはステロイド軟膏を処方され、一日2回、患部に塗布するように言われたけど、使ったのは一度きり。

そしてこれがおとといの写真。
a0048862_20221770.jpg

今はもっとキレイになっている。

以前、動物のアレルギー疾患には、特に手作り食が良いと聞いたことがある。
市販のフードには不純物が多いため、アレルギー疾患を持った子はそれらに過剰に反応してしまう。それ故、不純物がより少ない手づく食が良いということだと思う。

というより、私は手作り食派なので、どの子にもちょっと工夫をした食事をと友人たちには勧めている。人間もそうだけど、市販のものより、やはり家で作る食事が、身体には一番優しいんじゃないだろうか。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-17 20:30 | 猫の病気 | Comments(0)

Hong Kong

仕事で香港へ。
a0048862_2251354.jpg

香港は二度目。
前回も仕事関係で行ったのだけど、食べるものが美味しいこと以外は特に「面白い」と思うこともなく、今回も仕事が早く終わった場合、どうやって時間を過ごそうかと考えていた。
a0048862_2211141.jpg

a0048862_22111384.jpg

(以上はビジネスの中心街、セントラルの風景)

当初、マカオにでも行ってみようかと思ったのだけど、結局カオルーンとワンチャイをブラブラすることにした。
カオルーンでは、前回2回も行った糖朝へ。日本にも沢山支店があるので、行ったことがある方も多いと思うけど、私は日本では専らテイクアウト。私はここのマーラカオ、息子は杏仁豆腐とマンゴープリンが大好きなので、表参道に行く用事があると、必ず買って帰る。
a0048862_22213659.jpg

で、香港の糖朝はというと、日本人の観光客も多いけれど、地元女性にも人気のよう。
糖朝のあるカントンロードには、糖朝の店員さんがスイーツのフリークーポンを配っているので、そのせいもあるのかも。

でも一つ残念なのは、糖朝のトイレはめちゃくちゃ汚い。
前回借りた時は朝だったので、掃除がまだなのか?と思ったけど、今回も汚いとなると、ここのトイレはいつもそうなのかもしれない。
a0048862_22221767.jpg


そしてこの後、コーズウェイベイを経由してワンチャイへ。ワンチャイの知人から教えてもらったバザールの通りを抜けたところに、めちゃめちゃ混んでいる美味しそうな麺のお店を発見!
a0048862_22525498.jpg
a0048862_22511825.jpg

狭い店内は地元の人でいっぱい。私も狭いテーブルに地元の人たちと相席で麺をいただく。
麺は白い麺と黄色い麺を選べるようで、私は白い麺をチョイス。上に乗っている平たい肉は牛肉を叩いたもの。これ、何ともいえない食感。スープも薄味でとても美味しかった。
値段はたったの18香港ドル(約250円)。

そしてその後はその近くのバザールをブラブラ。
a0048862_22325113.jpg

a0048862_22331092.jpg

a0048862_22332882.jpg


ここではバラのお茶と乾物を少し購入。全部で70香港ドル(約870円)。
このバザールでは頼まれた漢方薬も買ったのだけど、この漢方薬、同じものでも場所に寄って値段が違う。ワンチャイで一箱11香港ドルのものが、セントラルでは13香港ドル、空港ではなんと倍の22香港ドルだった。このバザールは英語もほとんど通じないけれど、日用品はかなり安く手に入る、と思う。

このバザールのお陰で、今回の香港旅行はちょっと面白いものになった。
ワンチャイはちょっとディープな香港を経験したい人にはオススメの場所かもしれない。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-06 22:47 | 旅行 | Comments(0)

外は寒くても

窓際は最高に温かい場所。

みんな午前中は暖房が効いているリビングにいたのに、昼過ぎになると西陽が注ぐ私の部屋に移動する。
a0048862_1538598.jpg

a0048862_15392386.jpg

ぽかぽかと最高に気持ちの良い一等席。
a0048862_15401529.jpg

茶トラは本当に太陽光に映える。明るい被毛がキラキラと光って、本当にきれい。

=10月26日から11月2日のメニュー=
肉類:鶏肉、鶏レバー・ハツ、イワシのミンチ
野菜類:サツマイモ、里芋、人参、しめじ、小松菜、あおさのり、黒ごま、きな粉、クスクス、卵黄
サプリメント:カルシウム、フィッシュオイル、タウリン、亜鉛、総合ビタミン、リンゴ酢
トッピング:ビール酵母、フリーズドライささみ

うちの子は芋類が好き。
今週もよく食べました。
[PR]
by livingwithcats | 2009-11-03 15:45 | 猫たちの食事 | Comments(0)