<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

SIGNS

トルコの映画好きの友人が紹介してくれました。
毎日が楽しくなる『ちょっとしたこと』は、以外とすぐ近くにあるのかもしれませんね。


[PR]
by livingwithcats | 2011-02-13 23:13 | 日常 | Comments(2)

何を食べさせたら良いのか、と考える。

明けまして。。。、なんて書けない程、ご無沙汰していました。
早いものでイスタンブールから戻って1ヶ月以上が経ちました。

さて猫たちは皆、何でも良く食べ、元気にしています。
ただ、茶輔だけに毎年この時期恒例の『頻尿』が再発しました。オシッコをしているのは確認できたので、今回は病院へ行かず、食事はビタミンCを多めに加えたお肉オンリーで、レメディはNux-vを数回投与しました。今のところ落ち着いてはいますが、茶輔はどうも、この冬から春への変わり目に弱いようです。もうしばらくは、要観察です。

a0048862_23242925.jpg


さて、少し前になりますがNew York Timesにペットの手作り食についての記事が掲載されました。(英語です)

Homemade Pet Food for Dogs & Cats

当然のことかもしれませんが、自分たちの食事に気をつけている人は、ペットの食事にも気をつける傾向にあるようです。ペットフードビジネスに関わる人たちは栄養素の問題を指摘しますし、私も彼らの言う『完璧な栄養素』は中々手作りでは難しいと思います。しかし手作り食には市販のフードにないものがあります。それは作り手の愛情です。何を食べさせようかとあれこれ考えながら食材を選び、時間をかけて作ったものです。人間の食事と同様に、そこに加えられた作り手の愛情が大きなエネルギーになり健康をサポートしていると、私は思っています。

今週使った食材:
  肉類: うずら肉(骨入り)、かます、めかじき
  副菜: サツマイモ、レンズ豆、人参、ごま、マッシュルーム、パセリ、卵黄
  サプリメント: タウリン、亜鉛、フィッシュオイル、リンゴ酢、総合ビタミン剤

写真:好き嫌いなく、何でも食べるチイ。推定10歳。ほとんど病気らしい病気はしません。
[PR]
by livingwithcats | 2011-02-11 23:38 | 猫たちの食事 | Comments(0)