<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

猫たちの食事、再々々...考(3)

猫たちの食事、再々々...考(2)の続きです。

手作り食には、猫本来の食生活に戻すことで消化器や泌尿器などの病気を改善するだけでなく、普段から多くの食材を食べることで食べられるものの選択肢が増え、病気になって食欲が落ちた時など自力で回復するチャンスが高くなるという利点があります。

一方で、食に頑固である特定なものしか食べない猫は、それを食べなくなった時点で強制的に栄養を与えないと命に危険が及ぶ可能性が高くなります。

私がこれまでホメオパシーのアドバイスをしてきた猫の深刻なケースの一つに『口内炎』があります。
口内炎の原因は色々とありますが、口の粘膜は内臓と外の世界が一番最初に接触する場所です。そのため免疫力が低いとそこで外界からの影響を受け、病気を引き起こす原因となるという意見があります。
私もこの意見には賛成です。

口内炎に罹ったことがある方なら分かると思いますが、口内炎があると口の中が痛くて食事をするのが大きなストレスとなります。
猫も同じで、多くの猫は痛みから食べることを諦めてしまい、食べなくなると栄養不足から免疫力はさらに低下し、病気も悪化してしまいます。

急性病の場合は症状が激しいので、ほとんどの場合身体の不具合にすぐに気付くことができますが、慢性病の場合は健康状態がじわじわと悪化していくため、初期の段階で病気に気付くことが難しいかもしれません。
また慢性的な口内疾患の場合、ステロイドを投与することで症状が一時的に改善したかのように見えるかもしれません。
しかし、ほとんどの場合それは緩和的処置で病気を根本から治していません。
つまり症状を抑圧しているので、再発した場合に前回よりもより強い症状が出てしまいます。

うちの猫たちも年を重ねるにつれ、口をくちゃくちゃしたり、歯茎に口内炎の初期のサインである赤い線が見られますが、それ以上症状が進むことはなく、食欲もずっと安定しています。
これは恐らく正しい食のお陰で、免疫が正しく機能しているのだと思います。

病気になってから食を変えることは大きなストレスとなります。
健康な時に、完全ではなくても、少しでも肉食獣の食へと移行させることで、免疫力はより強くなって行くと思います。
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-17 00:14 | 猫たちの食事 | Comments(0)

マンダラを描く

今年は私にとって変化の年になるのか、寒い冬が終わり草木が芽吹き始める頃から、沢山の心魅かれる出会いに恵まれ、いくつか新しいことを始めています。

そのうちの一つ、ネパールのマンダラ絵画講座に先週の日曜日から通い始めました。

正直絵心が全くない私。
大丈夫なんだろうか、と思う反面、どんなものを描くんだろうという好奇心の方が勝って参加させていただくことにしました。

講師はネパール王室専属伝統絵師のディポック・チットラカール先生。
王室専属の伝統絵師と聞いてちょっと緊張して出かけましたが、明るくて気さくでとても温かい方です。

第一回目は「まずは基礎を」ということで、基本的な絵柄を選び、それを各々がデッサンし、途中まで絵付けをしました。
私が選んだ絵柄は名前は忘れてしまったのですが、ネパールでは大黒柱を意味する空想の動物でした。色作りが難しいブルーが多いので苦労していますが、色を加えて行くにつれ、絵にどんどん力が加わっているようです。

ディポック先生は、「上手く描く必要はありません。心が感じるままに、自由に楽しく描いてください。」とおっしゃっています。

どんな作品になるか。
時期が来たら披露させていただきます!
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-15 22:40 | 日常 | Comments(2)

猫たちの食事、再々々...考(2)

猫たちの食事、再々々...考(1)の続きです。

療法食に疑問を持つことでスタートした我が家の生食ライフ。
試しに生肉を与えてみたところ、すんなり食べる子もいるではありませんか!
これは結構行けるかも、と当時与えていたフードに生肉をほんの少々トッピングする方法で、少しずつ生肉の割合を増やして行きました。

元々缶詰が好きだった子は順調に移行出来そうに思えたのですが、1ヶ月ほどが経過した頃、ぱったりと食べなくなりました。それぞれの好みの肉を選んでも、少し食べるとプイと横を向いてしまうし、中には砂をかける仕草をする子も。。。

やはり、食へのこだわりが強い猫はそう簡単にはこの変化を受け入れてくれません。

そういうときは一度スパッとやめてしまいます。
健康で比較的若くて体力のある子なら、半日くらい絶食させるのも良いでしょう。

野生の猫と家猫の大きな違いは、『飢え』を知っているか、知っていないかです。
少し乱暴だと思うかもしれませんが、動物には『生き残る』本能が強くあるため、生き残るために飢えた動物は何でも食べるはずです。

ただし絶食は年老いた子や病気のある子には厳禁。それが引き金になって一気に具合が悪くなることもありますので注意が必要ですし、健康だからといって何日も絶食させてはいけません。

そしてだらだらと食べさせることもよくありません。置きえさも厳禁です。
食餌の時間をある程度決め、その時間内で食べなかったら片付けてしまう。そして次の食餌まではおやつなどは与えない。
食餌のサイクルをきちんと決めることも大事なことです。

後は長い目で根気よく、とにかく続けることです。
我が家でも100%手作り食に移行するまで、比較的順調な子でも1年、一番手こずった子で3年かかりました。

『食べる→飽きる→一時中断→再開』の繰り返しですが、このサイクルが段々と長くなり、今ではどんな食材でも食べますし、食べない時でも工夫次第で食べてくれます。

次回は手作り食のメリットについて書きます。

(続く)
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-08 23:09 | 猫たちの食事 | Comments(2)

猫たちの食事、再々々...考(1)

この週末、スーパームーン現象で普段より大きくて明るいお月様が現れたと思ったら、昨日は雹が降ったり竜巻が起こったりと大変な一日でした。
私の住む大磯では突然強い風が吹き始めたと思ったら、空がみるみる真っ暗になり、雷鳴が聞こえてきました。気温も急激に下がってきたので、一雨来るかな?と家中の窓を閉めたのですが、20分ほどであれほど吹き荒れていた風も止み、外は何事も無かったように静かになりました。
まるで得体の知れないものが通り過ぎたかのようでした。
これを読んでくださっている皆さんは大丈夫だったでしょうか。

さて、今日はもう何度書いたか分からない猫の食事について、復習の意味も兼ねて改めて書きたいと思います。

まず猫と一緒に暮らしている方に質問です。
猫にはどんな食事を与えていますか?

最近は手作り食が増えてきたと思いますが、それでもまだまだ市販のペットフードや病院での療法食を与えている方がほとんどだと思います。
我が家も猫と暮らし始めた10年ほど前は手軽なドライフードを与えていましたが、その子が1歳になる頃に尿路疾患を患ったことをきっかけに、猫の食事について考えるようになりました。

猫が尿路疾患にかかった場合、ほぼ100%病院から尿路疾患用の療法食を勧められると思います。
獣医から「普通食に比べ水を沢山飲ませるように作られている」と言われ、ふーんと思いながらふとパッケージの裏にある分析値を見る普通食よりナトリウムが高い!

確かにナトリウム(塩分)が多ければ喉が渇き、普段よりも沢山飲むようになります。
でもこれってどうなの?
尿路結晶の問題は解決しても、腎臓が悪くなっちゃうんじゃないの?
そう思って、尿路疾患のある子は根本的な食の改善が必要だと思い、猫の食餌について調べ始めました。

そんな時出会ったのが生肉を中心とした手作り食。

猫は身体こそ小さいですが、トラやライオンと同じ肉食獣です。
恐らくペットフードでもそれを踏まえてフードを作っているのでしょうが、生食と加工食では消化をする上でも内臓にかかる負担は違うでしょう。
ならば!と、ここからうちの猫たちの生食ライフが始まりました。

(続く)
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-07 19:00 | 猫たちの食事 | Comments(0)

Organic Hemp

今日は私のお気に入りを紹介します。

OrganicHempCloth.com

ここのお店で扱っている商品はすべてオーガニックコットン、ヘンプ、バンブーなどの自然素材。
その中でも特に注目したいのはヘンプです。

ヘンプは管理の要らない1年草で、その花から根まですべてが活かされる非常にエコな植物です。
そして吸水性・吸汗速乾性、抗菌/制菌性、消臭性、UVカット性を備えた、非常に機能的に優れた繊維です。
実際何枚か着てみましたが、とにかく素材が自然で柔らく、着ていてとても気持ちが良いのです。

そしてバンブーのストールもおすすめ。
バンブーは保温性もあるので、これからの季節、冷房による冷え過ぎに備えて、普段からバッグに1枚入れておくのも良いでしょう。

そして5月12日まで、母の日ギフト包装無料キャンペーンをやっています。

お値段も他店のヘンプ商品に比べてずっとお手頃です。
感謝の気持ちを込めてお母さんに、そして自分へのご褒美へ、是非ご利用ください。
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-06 14:09 | 日常 | Comments(0)

タイガからのメッセージ

GWに入る少し前に、極東ロシアのタイガ(密林)で暮らす人たちのドキュメンタリーフィルム、『タイガからのメッセージ』を観てきました。



ネコ科の大型肉食獣が大好きな私は、映画のポスターから勝手にアムールトラの映画かと思い込んでいたんですが、実際にアムールトラが出て来たのはほんの数秒間。
後から聞いた話では、最初はトラを撮るつもりはなかったそうですが、撮影を進めていくうちに「トラも撮りたいよね」ということがきっかけで撮ったのだとか。

トラはほとんど登場しませんでしたが、それでも映画の内容は私が想像していた以上のものでした。
目の前に広がる、どこまでもどこまでも続く緑。
日本からそう遠くない極東ロシアに、ほとんど手つかずの自然の中で人々が暮らしているということも驚きでした。

ここタイガに住む原住民、ウデヘの人たちは狩猟を中心とした昔ながらの生活を今でも守っています。
緑豊かな土地ですから当然森林伐採の問題も出てくるのですが、そんなとき彼らは自ら全力で森を守ります。
ウデヘの人たちにとってタイガは彼らに必要なものをすべて与えてくれる、お金よりもずっとずっと大切なもの、そしてそれ無しでは彼らの生活は成り立たないということを、彼らは知っているのです。

彼らは狩りに出かけても、今日必要な分しか獲物を捕りません。
明日必要なものは、明日になれば与えられる。
遥か昔からのタイガとそこで暮らす生き物との約束を彼らは今でも守っているのです。

そのお陰で、タイガでは今でも40頭のトラと1000人の人たちが、お互いの領域を守りながら共生しています。

この映画を観る前に、ロシアの作家であるニコライ・バイコフの書いた『バイコフの森』と『偉大なる王(ワン)』というタイガを舞台とした本を読んだのですが、バイコフ氏は中国人による動物の乱獲や森林伐採によってタイガの自然が破壊されることをあとがきの中でとても危惧していました。
実際に中国側のタイガは悲惨な状態らしく、この地域で確認されているトラの90%はロシア側に棲んでいるとか。
生態系が崩れれば、それは私たち人間に何倍もの悪影響となって返ってくることを、なぜ人は学ばないのでしょう。もしかしたら人間はこの地球上で最も愚かな生き物なのかもしれません。

。。。とちょっと過激になってしまいました。

『タイガからのメッセージ』はこの地球で生きて行くということがどういうことなのか、私たちに必要なものは何なのかを教えてくれる作品です。
今後も不定期で上映されると思いますが、興味がある方は上映が決定している5月・6月の上映会に是非お出かけください。

タイガからのメッセージ
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-06 10:10 | 考えたいこと | Comments(0)

原発が止まった日

スーパームーン現象が現れた今日、国内で唯一稼働していた北海道の泊原発3号基が止まりました。
これで1970年春以来、42年ぶりに日本は原発ゼロとなりました。

ただ稼働している原発がゼロになっても、これで終わった訳ではありません。
今日はあくまで『脱原発』に向かう第一歩であって、これからどのように電気と向き合って行くかを、私たち国民の一人一人が考え、行動に移していかなくてはなりません。

原発なしでは日本経済はダメになる、夏のピーク時を乗り切れないなどと言われていますが、本当のところはどうなのでしょう。

福島第一原発の事故で分かったことは、国やマスメディアのほとんどは真実を報道しないということです。
ならば、知りたいことは自分で調べ、考え、そして情報をシェアできる仲間を持ち、判断していくしかありません。
私も友だちや脱原発関係で知り合った人たちと情報を共有しています。

友だちのブログで知ったのですが、五月の満月の日に京都の鞍馬寺では、『ウエサク祭り』というお祭りがあるそうです。
五月の満月には天界と地上の間に道が開かれ、ひときわ強いエネルギーが降り注ぐと言い伝えられています。

そんな日と原発ゼロの日が重なるとは、お月様も脱原発を応援してくれている、今夜はそんなことを考えながら月を眺め、静かに原発ゼロをお祝いしています。
a0048862_22514359.jpg

[PR]
by livingwithcats | 2012-05-05 23:42 | 考えたいこと | Comments(0)

スーパームーン

やっと雨が上がり、今晩は雲があるものの、美しい月が顔を出してくれています。

今日のナショナルジオグラフィックのニュースで知ったのですが、明日5月5日アメリカ東部標準時の午後11時34分にスーパームーン現象が現れるそうです。
日本時間だと6日のお昼頃なのでその時間に月を見ることはできませんが、明日もしくは明後日の夜にはいつもより大きくて明るい月が見れるかもしれません。

空を眺めるのが好きな私はとても楽しみです。

しかし一方でスーパームーンが現れると自然災害が起きるという言い伝えもあるようです。
科学者はそれを迷信と考えていますが、昔から言い伝えられていることを「科学的根拠がないから」という理由で否定するのもどうかと思います。

ただ言い伝えに怯えてせっかくの美しい月を楽しまないのも残念なこと。
確実に地震の活動期にある今の日本ではどこでも新たな地震が起きる可能性はあるわけですから、頭の隅に備えの意識を持って、私は自然からのプレゼントを楽しみます。
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-04 22:43 | 日常 | Comments(0)

GWはアートを楽しむ

GWも後半となりましたが、みなさんはどのようにお過ごしですか?

私は今年は2つの展示会へ出かけてきました。
どちらもとても良かったので、ここでご紹介します。

一つ目は現在京都で行われている、自然写真家の上村知弘さんの写真展です。

Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-

上村さんの写真に出会ったのは2年前の夏、別の写真家の方のHPでふと目につき、銀座のギャラリーにふらりと出かけたのがきっかけです。
当時は北海道にお住まいでしたが、現在はカナダのユーコンに移住され、ユーコンの美しい写真を撮りながら、自然体験教室のお仕事もしていらっしゃいます。私もいつか上村さんの自然体験教室に参加して、ユーコンの自然を満喫したいです。

上村知弘 
◎春の京都写真展◎
“Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-”
2012年4月24日~5月6日

**4月25、26日以外はギャラリーに滞在しています。

レティシア書房 HP
アクセスなどの詳細はHPにあります。 地下鉄「烏丸御池」駅下車、徒歩10分
〒604-0827 京都市中京区高倉通り二条下がる瓦町551

********************
そしてもう一つは横浜の関内で行われている、ティンガティンガアートの原画展です。
a0048862_23472377.jpg


この展示会は、長年タンザニアに住み現地の方たちの生活を支援している島岡強さんが主催しています。

ティンガティンガアートは1960年代の終わりにアフリカのタンザニアで誕生した現代アートです。
私はTVでこのティンガティンガアートの絵を見たのですが、タンザニアの作家たちの生命力あふれる強いタッチと美しい原色の使い方に魅かれ、今回の原画展を楽しみにしていました。

写真の絵は数多いティンガティンガアーティストの中で、一番好きなドゥケさんの「サバンナを行くマサイの男女〜日輪〜」で、一目惚れしました。
すべての生命の故郷であると言われているアフリカ。
強さとしなやかさがこの1枚に詰まっていると感じませんか?

ティンガティンガアート原画展
<第3回 横浜展>
★日時:4月27日~5月6日 11:00~19:00 無休
     (最終日は、18:00まで)

▼場所:ギャルリー・パリ
 横浜市中区日本大通14 三井物産ビル1F
 TEL:045-664-3917
 ★会場地図は、こちら

▼交通アクセス:
 JR根岸線「関内」駅南口下車、徒歩5分、
 横浜市営地下鉄「関内」駅下車、徒歩5分、
 みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口すぐ

<第5回 名古屋展>
★日時:5月11日~20日 10:30~18:00 無休
    (最終日は、17:00まで)

▼場所:ギャラリー余白
 名古屋市中区栄4-17-30
 TEL:052-262-5454
 ★会場地図は、こちら

▼交通:
 地下鉄栄駅13番出口(中日ビル前)より徒歩7分、
 地下鉄矢場町1番、または6番(松坂屋本館前)出口より徒歩7分
 久屋大通より東に一筋入った武平通り沿い
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-04 00:23 | 日常 | Comments(0)

放射能を考える

先月4月1日より、一般食品に含まれる放射性物質の基準値がこれまでの1キロあたり500ベクレルから100ベクレルと引き下げられました。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、この100ベクレルという基準値は4月1日以降に出荷される一般食品に適応するのであって、3月末までに検査を終えているものは500ベクレルのまま9月末まで出荷されます。
さらに加工食品については、経過措置としてその加工食品の賞味期限まで暫定規制値の500ベクレルが適応されます。

ちなみに今回引き下げられた100ベクレルという数字は、国際基準では決して低い数字ではありません。

世界も驚く日本の基準値

正直なところ、私は昨年の福島第一原発の事故後、食と住については自分で守るしかない、と考えています。
事故直後はそれがどんなに恐ろしいことなのか分からなかったのですが、毎日毎日Twitterなどから情報を得るようになってから、日本、特に東日本にいる限り、程度の差こそあれ、放射能物質と付き合っていかなくてはならないと認識するようになりました。

さて我が家では家で食べるもののほとんどを大地を守る会生活クラブ生協から購入しています。
大地を守る会も生活クラブも、国よりは低い基準値を設定し、全ての食品の検査を行い、検査結果については放射性物質が検出されたものはそれが基準値以下であってもHP上で公開しています。

しかしこの基準値も低いものではありません。
1ヶ月ほど前に生活クラブにこれ以上の基準値の引き下げの有無について聞いたところ、現時点でこれ以上基準値を引き下げることは、生産者の立場を考えると難しいとのことでした。つまり、ここが消費者と生産者の折り合える数値、ということなのでしょう。

また年間被爆量についても、私は個人が元々持つ感受性によって受ける影響は違うと思います。
すでに健康に影響が出ている人を「早すぎる」と言う人もいますが、そういう人はそうでない人に比べて感受性が高いと考えることも必要ではないでしょうか。
人はロボットではありません。
データはあくまで目安であって、誰にでも同じように、というわけには行きません。
現に影響を受けやすい私は、事故後しばらく鼻血が出ていました。花粉症のせいかとも思ったのですが、もっと症状の酷かった時期に鼻血を出したことは一度もありません。

「あんなに気をつけなくても大丈夫だったのね」と数年後笑い話になれば良いのですが、そうでない可能性も考えて生活していくことも必要かもしれません。
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-02 23:18 | 日常 | Comments(0)