Organic Hemp

今日は私のお気に入りを紹介します。

OrganicHempCloth.com

ここのお店で扱っている商品はすべてオーガニックコットン、ヘンプ、バンブーなどの自然素材。
その中でも特に注目したいのはヘンプです。

ヘンプは管理の要らない1年草で、その花から根まですべてが活かされる非常にエコな植物です。
そして吸水性・吸汗速乾性、抗菌/制菌性、消臭性、UVカット性を備えた、非常に機能的に優れた繊維です。
実際何枚か着てみましたが、とにかく素材が自然で柔らく、着ていてとても気持ちが良いのです。

そしてバンブーのストールもおすすめ。
バンブーは保温性もあるので、これからの季節、冷房による冷え過ぎに備えて、普段からバッグに1枚入れておくのも良いでしょう。

そして5月12日まで、母の日ギフト包装無料キャンペーンをやっています。

お値段も他店のヘンプ商品に比べてずっとお手頃です。
感謝の気持ちを込めてお母さんに、そして自分へのご褒美へ、是非ご利用ください。
[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-06 14:09 | 日常

タイガからのメッセージ

GWに入る少し前に、極東ロシアのタイガ(密林)で暮らす人たちのドキュメンタリーフィルム、『タイガからのメッセージ』を観てきました。



ネコ科の大型肉食獣が大好きな私は、映画のポスターから勝手にアムールトラの映画かと思い込んでいたんですが、実際にアムールトラが出て来たのはほんの数秒間。
後から聞いた話では、最初はトラを撮るつもりはなかったそうですが、撮影を進めていくうちに「トラも撮りたいよね」ということがきっかけで撮ったのだとか。

トラはほとんど登場しませんでしたが、それでも映画の内容は私が想像していた以上のものでした。
目の前に広がる、どこまでもどこまでも続く緑。
日本からそう遠くない極東ロシアに、ほとんど手つかずの自然の中で人々が暮らしているということも驚きでした。

ここタイガに住む原住民、ウデヘの人たちは狩猟を中心とした昔ながらの生活を今でも守っています。
緑豊かな土地ですから当然森林伐採の問題も出てくるのですが、そんなとき彼らは自ら全力で森を守ります。
ウデヘの人たちにとってタイガは彼らに必要なものをすべて与えてくれる、お金よりもずっとずっと大切なもの、そしてそれ無しでは彼らの生活は成り立たないということを、彼らは知っているのです。

彼らは狩りに出かけても、今日必要な分しか獲物を捕りません。
明日必要なものは、明日になれば与えられる。
遥か昔からのタイガとそこで暮らす生き物との約束を彼らは今でも守っているのです。

そのお陰で、タイガでは今でも40頭のトラと1000人の人たちが、お互いの領域を守りながら共生しています。

この映画を観る前に、ロシアの作家であるニコライ・バイコフの書いた『バイコフの森』と『偉大なる王(ワン)』というタイガを舞台とした本を読んだのですが、バイコフ氏は中国人による動物の乱獲や森林伐採によってタイガの自然が破壊されることをあとがきの中でとても危惧していました。
実際に中国側のタイガは悲惨な状態らしく、この地域で確認されているトラの90%はロシア側に棲んでいるとか。
生態系が崩れれば、それは私たち人間に何倍もの悪影響となって返ってくることを、なぜ人は学ばないのでしょう。もしかしたら人間はこの地球上で最も愚かな生き物なのかもしれません。

。。。とちょっと過激になってしまいました。

『タイガからのメッセージ』はこの地球で生きて行くということがどういうことなのか、私たちに必要なものは何なのかを教えてくれる作品です。
今後も不定期で上映されると思いますが、興味がある方は上映が決定している5月・6月の上映会に是非お出かけください。

タイガからのメッセージ
[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-06 10:10 | 考えたいこと

原発が止まった日

スーパームーン現象が現れた今日、国内で唯一稼働していた北海道の泊原発3号基が止まりました。
これで1970年春以来、42年ぶりに日本は原発ゼロとなりました。

ただ稼働している原発がゼロになっても、これで終わった訳ではありません。
今日はあくまで『脱原発』に向かう第一歩であって、これからどのように電気と向き合って行くかを、私たち国民の一人一人が考え、行動に移していかなくてはなりません。

原発なしでは日本経済はダメになる、夏のピーク時を乗り切れないなどと言われていますが、本当のところはどうなのでしょう。

福島第一原発の事故で分かったことは、国やマスメディアのほとんどは真実を報道しないということです。
ならば、知りたいことは自分で調べ、考え、そして情報をシェアできる仲間を持ち、判断していくしかありません。
私も友だちや脱原発関係で知り合った人たちと情報を共有しています。

友だちのブログで知ったのですが、五月の満月の日に京都の鞍馬寺では、『ウエサク祭り』というお祭りがあるそうです。
五月の満月には天界と地上の間に道が開かれ、ひときわ強いエネルギーが降り注ぐと言い伝えられています。

そんな日と原発ゼロの日が重なるとは、お月様も脱原発を応援してくれている、今夜はそんなことを考えながら月を眺め、静かに原発ゼロをお祝いしています。
a0048862_22514359.jpg

[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-05 23:42 | 考えたいこと

スーパームーン

やっと雨が上がり、今晩は雲があるものの、美しい月が顔を出してくれています。

今日のナショナルジオグラフィックのニュースで知ったのですが、明日5月5日アメリカ東部標準時の午後11時34分にスーパームーン現象が現れるそうです。
日本時間だと6日のお昼頃なのでその時間に月を見ることはできませんが、明日もしくは明後日の夜にはいつもより大きくて明るい月が見れるかもしれません。

空を眺めるのが好きな私はとても楽しみです。

しかし一方でスーパームーンが現れると自然災害が起きるという言い伝えもあるようです。
科学者はそれを迷信と考えていますが、昔から言い伝えられていることを「科学的根拠がないから」という理由で否定するのもどうかと思います。

ただ言い伝えに怯えてせっかくの美しい月を楽しまないのも残念なこと。
確実に地震の活動期にある今の日本ではどこでも新たな地震が起きる可能性はあるわけですから、頭の隅に備えの意識を持って、私は自然からのプレゼントを楽しみます。
[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-04 22:43 | 日常

GWはアートを楽しむ

GWも後半となりましたが、みなさんはどのようにお過ごしですか?

私は今年は2つの展示会へ出かけてきました。
どちらもとても良かったので、ここでご紹介します。

一つ目は現在京都で行われている、自然写真家の上村知弘さんの写真展です。

Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-

上村さんの写真に出会ったのは2年前の夏、別の写真家の方のHPでふと目につき、銀座のギャラリーにふらりと出かけたのがきっかけです。
当時は北海道にお住まいでしたが、現在はカナダのユーコンに移住され、ユーコンの美しい写真を撮りながら、自然体験教室のお仕事もしていらっしゃいます。私もいつか上村さんの自然体験教室に参加して、ユーコンの自然を満喫したいです。

上村知弘 
◎春の京都写真展◎
“Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-”
2012年4月24日~5月6日

**4月25、26日以外はギャラリーに滞在しています。

レティシア書房 HP
アクセスなどの詳細はHPにあります。 地下鉄「烏丸御池」駅下車、徒歩10分
〒604-0827 京都市中京区高倉通り二条下がる瓦町551

********************
そしてもう一つは横浜の関内で行われている、ティンガティンガアートの原画展です。
a0048862_23472377.jpg


この展示会は、長年タンザニアに住み現地の方たちの生活を支援している島岡強さんが主催しています。

ティンガティンガアートは1960年代の終わりにアフリカのタンザニアで誕生した現代アートです。
私はTVでこのティンガティンガアートの絵を見たのですが、タンザニアの作家たちの生命力あふれる強いタッチと美しい原色の使い方に魅かれ、今回の原画展を楽しみにしていました。

写真の絵は数多いティンガティンガアーティストの中で、一番好きなドゥケさんの「サバンナを行くマサイの男女〜日輪〜」で、一目惚れしました。
すべての生命の故郷であると言われているアフリカ。
強さとしなやかさがこの1枚に詰まっていると感じませんか?

ティンガティンガアート原画展
<第3回 横浜展>
★日時:4月27日~5月6日 11:00~19:00 無休
     (最終日は、18:00まで)

▼場所:ギャルリー・パリ
 横浜市中区日本大通14 三井物産ビル1F
 TEL:045-664-3917
 ★会場地図は、こちら

▼交通アクセス:
 JR根岸線「関内」駅南口下車、徒歩5分、
 横浜市営地下鉄「関内」駅下車、徒歩5分、
 みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口すぐ

<第5回 名古屋展>
★日時:5月11日~20日 10:30~18:00 無休
    (最終日は、17:00まで)

▼場所:ギャラリー余白
 名古屋市中区栄4-17-30
 TEL:052-262-5454
 ★会場地図は、こちら

▼交通:
 地下鉄栄駅13番出口(中日ビル前)より徒歩7分、
 地下鉄矢場町1番、または6番(松坂屋本館前)出口より徒歩7分
 久屋大通より東に一筋入った武平通り沿い
[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-04 00:23 | 日常