放射能を考える

先月4月1日より、一般食品に含まれる放射性物質の基準値がこれまでの1キロあたり500ベクレルから100ベクレルと引き下げられました。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、この100ベクレルという基準値は4月1日以降に出荷される一般食品に適応するのであって、3月末までに検査を終えているものは500ベクレルのまま9月末まで出荷されます。
さらに加工食品については、経過措置としてその加工食品の賞味期限まで暫定規制値の500ベクレルが適応されます。

ちなみに今回引き下げられた100ベクレルという数字は、国際基準では決して低い数字ではありません。

世界も驚く日本の基準値

正直なところ、私は昨年の福島第一原発の事故後、食と住については自分で守るしかない、と考えています。
事故直後はそれがどんなに恐ろしいことなのか分からなかったのですが、毎日毎日Twitterなどから情報を得るようになってから、日本、特に東日本にいる限り、程度の差こそあれ、放射能物質と付き合っていかなくてはならないと認識するようになりました。

さて我が家では家で食べるもののほとんどを大地を守る会生活クラブ生協から購入しています。
大地を守る会も生活クラブも、国よりは低い基準値を設定し、全ての食品の検査を行い、検査結果については放射性物質が検出されたものはそれが基準値以下であってもHP上で公開しています。

しかしこの基準値も低いものではありません。
1ヶ月ほど前に生活クラブにこれ以上の基準値の引き下げの有無について聞いたところ、現時点でこれ以上基準値を引き下げることは、生産者の立場を考えると難しいとのことでした。つまり、ここが消費者と生産者の折り合える数値、ということなのでしょう。

また年間被爆量についても、私は個人が元々持つ感受性によって受ける影響は違うと思います。
すでに健康に影響が出ている人を「早すぎる」と言う人もいますが、そういう人はそうでない人に比べて感受性が高いと考えることも必要ではないでしょうか。
人はロボットではありません。
データはあくまで目安であって、誰にでも同じように、というわけには行きません。
現に影響を受けやすい私は、事故後しばらく鼻血が出ていました。花粉症のせいかとも思ったのですが、もっと症状の酷かった時期に鼻血を出したことは一度もありません。

「あんなに気をつけなくても大丈夫だったのね」と数年後笑い話になれば良いのですが、そうでない可能性も考えて生活していくことも必要かもしれません。
[PR]
# by livingwithcats | 2012-05-02 23:18 | 日常

猫も老いる

ご無沙汰しています。(←と始まるのは一体何度目か。とほほ。。。)

早いものでもう3月も終わり。

今年の冬は殊更寒く長く感じましたが、それでも私の家の近辺では、梅やミモザが咲き、毎年本格的な春の訪れを告げてくれているウグイスが鳴き始めました。あちらこちらにある桜も、日に日につぼみが膨らみ、色づいて来ています。

さて。
今日は最近のうちの猫たちについて書きます。

うちの5匹の猫のうち、仔猫で拾った3匹は今年9歳と8歳、大人で拾った2匹は1匹は恐らく15歳超、もう1匹も10歳超です。人間で言うとみんな40代後半以上。15歳となると人間では70歳半ばなんだそうです。

茶輔の心疾患を除いては大きな病気もせず、みんな今でも前と変わらず、よく食べ、よく遊び、よく寝ています。けれど歯が抜けたり、食べている割には太らなかったり、腎機能の低下からか水を沢山飲むようになったりと、それなりに老化の様子は出て来ています。

市販のフードを与えている方ならシニア食に変える年齢かもしれませんが、手作り食の我が家は食事に関してする制限はほとんどしていません。腎機能が低下しているからとタンパク質を極端に制限するのも肉食獣の彼らにとっては不自然です。ある程度の老いは老いとして受け入れることも必要ではないかと私は思います。
[PR]
# by livingwithcats | 2012-03-25 22:20 | 猫たち

なぜ薬が効かなくなるのか。

特効薬が効かないハイパーマイコプラズマ肺炎が急増中

ホメオパシー的に考えると、効いていた薬が時間の経過とともに効かなくなる、というのはとても理にかなっています。

ホメオパシーのレメディは大きく分けて植物・鉱物・動物から作られていますが、その他に、細菌やウィルス、病原体から作られた、Nosode(ノゾ)というレメディがあります。そしてそれぞれの界にはそれぞれ独自のテーマがあります。

植物は『感受性と反応性』、鉱物は『構造』そして動物は『サバイバル、生き残ること』で、ノゾはこの動物界に属すると考えられています。

私たち人間もですが、動物は本来、強いものが生き残ります。
例えば人が病気になると、その人の健康が十分に強ければ人が勝ち残りますが、病気の方が強いと人は病気に負けてしまいます。そして人はこの戦いに勝つことによって、病気の免疫を獲得し、より強い種となり、生き残ることができるのです。

しかしながら現代医学の発展により、多くの薬が開発され、人は病気と戦うことなく病気に勝つ方法を学びました。一方病気の原因となるウィルスや細菌もこれに黙って従うはずがありません。それらが生き残るために残された道は、薬を克服できる耐性を獲得することなのです。

もちろん薬により撲滅したウィルスや細菌もありますが、多くは耐性を獲得し、どんな薬にも負けないより強い菌へと進化しているのです。

ではそのような病気の中で私たちはどうしたら良いのでしょう?

それについては次回書きたいと思います。
[PR]
# by livingwithcats | 2011-12-12 23:36 | ホメオパシー

早川先生の発言について思うこと

Twitter上での発言が問題とされ、勤務先の大学から訓告を受けられた早川由紀夫教授。

私も早川先生のツイートはずっとフォローしていますが、早川先生をフォローし始めた直後に火山学者である先生が雲仙普賢岳で経験したことを読んで、Twitter上での先生の言葉の強さの理由は自分なりに理解していました。

伝わらなかった火砕流の危険
早川先生のブログ

早川先生とは全く関係ありませんが、3.11の災害で福島第一原発で事故が起きてまもなく、私がずっとトルコ語を習っているトルコ人の先生が突然帰国してしまいました。
しかも無期限で。

代理の先生から、「本人よりもお母さんが半狂乱だったようです」と言われたとき、『全てを放り出して突然帰国してしまうなんて、大人として責任感が無さ過ぎる』と、正直当時はそう思い、先生に対してひどくがっかりしたのを思い出します。

けれど、もし今同じことが再び起こったら、私は無理でも息子だけはどこか遠くへ避難させるでしょう。
つまり3月に先生が取った行動は決して無責任なんかじゃなく、命を守るためには当然のことだったのです。1986年のチェルノブイリの事故でトルコ人に何が起きたのか、先生のお母さんは知っているんです。
放射能について何も知らなかった3月と色々と知ってしまった今とでは、私自身も危機的状況における考え方も行動も全てが変わりました。

早川先生は放射能の危険性について、強い口調でずっと訴えています。
だからこそ、多くの人の目に留まったのではないでしょうか。
耳に心地よい言葉で、果たして人はどこまで今の危機的状況を理解できるのでしょうか。

新聞もニュースも早川先生のほんの一部の発言を拾って報道しているようですが、先生がこういった方法で表現するまでに至った経緯をきちんと知ってから報道すべきです。
そして私たち国民も正しい現実を知らなくてはいけないと思います。

政治家に頼っていては、この国も私たちの生活も、何も変わりません。
幸い情報はいくらでも手に入る時代なので、その中から自分にとって適切な情報を集め、個人個人が各々の生き方について考えなければいけない時なのだと思います。

ちなみに...。

More
[PR]
# by livingwithcats | 2011-12-09 17:35 | 日常

エイズと白血病の子のケア

今日は白血病やエイズなどの免疫疾患を持っている子たちのケアについて、私が気をつけていることを書いてみます。

とは言っても、我が家の場合は何か病気の症状が発症していない限りは、何もない子と同じです。
つまり、手作り食を食べさせ、予防接種をせず、できるだけストレスの少ない住環境を作る、ということです。また何らかの病気が発症しても、基本は変わらず、それに加えてレメディやサプリメントを必要に応じて与えるだけです。

白血病やエイズなどの免疫疾患を持つ子は、そうでない子に比べストレスの影響を非常に受けやすいと私は考えています。
食事や予防接種によるストレスって何?と思われる方もいるかもしれませんが、身体により負担を与えるものを『ストレス』と考えてみると分かると思います。

例えば食事。
猫は本来肉食動物です。
けれどペットとして暮らしている多くの猫は、野生の猫たちが本来食べている食事とは大きくかけ離れた食事をしています。それによって消化する過程が本来のものと変わることで、身体が受けるストレスは増えていきます。
またペットフードなどには加工されることによって、本来猫が好んで食べないものも含まれている場合もあります。こういった不自然な食事が猫の身体に大きな負担を与え、アレルギー症状などを起こしているのではないかと、私は考えています。

また予防接種についてもそうです。
予防接種は薄めた病原体を身体の中に入れます。
ですので、予防接種を受ける前には必ず『具合が悪くない』ことを獣医さんから確認されると思います。
けれど白血病やエイズの子は、元々免疫疾患を持つところに病原体が入ってくれば、そうでない子に比べ、病原体の影響を受けやすいことは容易に想像がつくと思います。
予防接種が引き金となって、病気を発症するケースは、私の経験から人にも動物にも見られます。

その他に私が気をつけていることは、ビタミンCを多めに与えること。
ビタミンCはファイトケミカルです。またたとえ多く摂ってしまったとしても、必要ない分は身体から排出されます。ただ一つ注意しなくてはいけないのは、多すぎると下痢をしてしまう場合がありますので、量は猫のウンチの様子をみながら加減してください。

白血病やエイズの子でも、何らかの病気を発症させなければ、ノンキャリアの子たちと同じように長く生きる子もいます。
病気を持っている子は最初から気をつけられることも沢山ありますので、病気がある子=短命という考え方は必ずしも正しくないと、私は思います。
[PR]
# by livingwithcats | 2011-12-05 12:15 | 猫の病気