GWはアートを楽しむ

GWも後半となりましたが、みなさんはどのようにお過ごしですか?

私は今年は2つの展示会へ出かけてきました。
どちらもとても良かったので、ここでご紹介します。

一つ目は現在京都で行われている、自然写真家の上村知弘さんの写真展です。

Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-

上村さんの写真に出会ったのは2年前の夏、別の写真家の方のHPでふと目につき、銀座のギャラリーにふらりと出かけたのがきっかけです。
当時は北海道にお住まいでしたが、現在はカナダのユーコンに移住され、ユーコンの美しい写真を撮りながら、自然体験教室のお仕事もしていらっしゃいます。私もいつか上村さんの自然体験教室に参加して、ユーコンの自然を満喫したいです。

上村知弘 
◎春の京都写真展◎
“Northern Life 極北の生命 -WILD SHEEP COUNTRY-”
2012年4月24日~5月6日

**4月25、26日以外はギャラリーに滞在しています。

レティシア書房 HP
アクセスなどの詳細はHPにあります。 地下鉄「烏丸御池」駅下車、徒歩10分
〒604-0827 京都市中京区高倉通り二条下がる瓦町551

********************
そしてもう一つは横浜の関内で行われている、ティンガティンガアートの原画展です。
a0048862_23472377.jpg


この展示会は、長年タンザニアに住み現地の方たちの生活を支援している島岡強さんが主催しています。

ティンガティンガアートは1960年代の終わりにアフリカのタンザニアで誕生した現代アートです。
私はTVでこのティンガティンガアートの絵を見たのですが、タンザニアの作家たちの生命力あふれる強いタッチと美しい原色の使い方に魅かれ、今回の原画展を楽しみにしていました。

写真の絵は数多いティンガティンガアーティストの中で、一番好きなドゥケさんの「サバンナを行くマサイの男女〜日輪〜」で、一目惚れしました。
すべての生命の故郷であると言われているアフリカ。
強さとしなやかさがこの1枚に詰まっていると感じませんか?

ティンガティンガアート原画展
<第3回 横浜展>
★日時:4月27日~5月6日 11:00~19:00 無休
     (最終日は、18:00まで)

▼場所:ギャルリー・パリ
 横浜市中区日本大通14 三井物産ビル1F
 TEL:045-664-3917
 ★会場地図は、こちら

▼交通アクセス:
 JR根岸線「関内」駅南口下車、徒歩5分、
 横浜市営地下鉄「関内」駅下車、徒歩5分、
 みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口すぐ

<第5回 名古屋展>
★日時:5月11日~20日 10:30~18:00 無休
    (最終日は、17:00まで)

▼場所:ギャラリー余白
 名古屋市中区栄4-17-30
 TEL:052-262-5454
 ★会場地図は、こちら

▼交通:
 地下鉄栄駅13番出口(中日ビル前)より徒歩7分、
 地下鉄矢場町1番、または6番(松坂屋本館前)出口より徒歩7分
 久屋大通より東に一筋入った武平通り沿い
[PR]
by livingwithcats | 2012-05-04 00:23 | 日常
<< スーパームーン 放射能を考える >>