原発が止まった日

スーパームーン現象が現れた今日、国内で唯一稼働していた北海道の泊原発3号基が止まりました。
これで1970年春以来、42年ぶりに日本は原発ゼロとなりました。

ただ稼働している原発がゼロになっても、これで終わった訳ではありません。
今日はあくまで『脱原発』に向かう第一歩であって、これからどのように電気と向き合って行くかを、私たち国民の一人一人が考え、行動に移していかなくてはなりません。

原発なしでは日本経済はダメになる、夏のピーク時を乗り切れないなどと言われていますが、本当のところはどうなのでしょう。

福島第一原発の事故で分かったことは、国やマスメディアのほとんどは真実を報道しないということです。
ならば、知りたいことは自分で調べ、考え、そして情報をシェアできる仲間を持ち、判断していくしかありません。
私も友だちや脱原発関係で知り合った人たちと情報を共有しています。

友だちのブログで知ったのですが、五月の満月の日に京都の鞍馬寺では、『ウエサク祭り』というお祭りがあるそうです。
五月の満月には天界と地上の間に道が開かれ、ひときわ強いエネルギーが降り注ぐと言い伝えられています。

そんな日と原発ゼロの日が重なるとは、お月様も脱原発を応援してくれている、今夜はそんなことを考えながら月を眺め、静かに原発ゼロをお祝いしています。
a0048862_22514359.jpg

[PR]
by livingwithcats | 2012-05-05 23:42 | 考えたいこと
<< タイガからのメッセージ スーパームーン >>