最終日

4日間のセミナーも今日が最終日。

正直ハードではありましたが、期待以上に講義は楽しく、興味深く、本当に多くのことを吸収できたと実感しています。
何事も固定観念を持って見ると歪んで見えてしまうということ。
それではどうしたらその固定観念から自身を解放したらよいのか。
それさえも言葉と同時に感覚で教えられたように思います。

しかしホメオパシーは本当に深い学問です。
ホメオパシーのレメディはプルービングで実証されそれを『マテリア・メディカ』という本にまとめてあるのですが、このマテリア・メディカは1冊だけではないのです。
プルービングを行ったホメオパスの数だけあるのです。
9月から勉強を始めた私でさえもすでに3冊のマテリア・メディカを持ち、一つのレメディを調べる際にも、それぞれを読み比べてより深く理解するようにしています。

またレメディは有機物から作られているため、植物、鉱物、また動物や元素の知識も深く知れば知るほど必要となってきます。
例えば『熱にはベラドーナ』とレメディをファーストエイド的に使うこともありますが、同時に『ベラドーナ』という植物をより深く知ることで、そのレメディが持つ様々な側面を知ることができます。

ジェレミー先生も「ホメオパシーは次から次へと新しい課題が沸きあがってきて、飽きることなく一生勉強を続けられるし、全てを理解するのには3回分の人生を送らなくては足りないだろう」と言っていました。
これは本当です。
私自身、中学高校レベルの生物と化学(元素)をもう一度復習する必要があると、今回改めて実感しました。

命に関わるということは、それだけの努力を必要として当然です。
『こんなホメオパスに診て欲しい』と自分でも思えるようなホメオパス目指して、頑張ります。

しかし余りのハードさに、体重1.5キロ減。
集中するということは、多大なエネルギーを必要とするのですね~(笑)
a0048862_2233342.jpg

息子の腕の中で甘える茶輔。
[PR]
by livingwithcats | 2005-11-06 22:37 | ホメオパシー
<< 水谷修さんをご存知ですか? 相反するもの >>