中学生最後の運動会

今日は息子の中学生最後の運動会でした。

前日の雨で天候が心配されましたが、朝からすっきりと晴れ、気温は前日から吹いた風のせいで気温はさほど高くなく、絶好の運動会日和となりました。

1年生の時は小学校の延長のような気分でお弁当を持って朝から見に行ったのですが、中学生ともなると照れも手伝って『何で来るんだよ~』という顔をされてしまうので、昨年からはお弁当を持たせて、私はちょこっと顔を出す程度。
それでも今年は修学旅行から帰ってきた辺りから、クラス対抗リレーのことをしきりに言っていたので、時間に遅れずに見に行かなくては...と思って出掛けました。

こういったイベントは子どもの活躍を見る楽しみの他に、普段会えない地元の友人たちと会うのも楽しみの一つです。
あちこちで会う友人に、「おお~、久しぶり~」と子どものこと、また自分の近況などの話に花が咲き、まるで同窓会のようです。
大磯は小学校・中学校ともに2校ずつしかないので、小学校で一緒だった子たちは引越しや進学で他の学校に行かない限り、中学校でも一緒です。
ですので、9年間、一緒の小学校・中学校で過ごすわけです。
うちは幼稚園も大磯にある私立の幼稚園に行ったため、付き合いが10年超の友人もざらです。

そんな友人たちとお互いの子をまるで我が子のように応援し、楽しい時間を過ごしました。
家に帰った息子も、「来た?来てたよね?」と言いながら、「楽しかった~っ!」と満足げな顔で、夜は塾へ出掛けて行きました。

一歩一歩、大人への階段を上っていく息子。
次の大きなイベントは7月に行われる剣道の県大会ですが、何であれ、今という時を思う存分楽しんでくれたらというのが、私の願いです。
[PR]
by livingwithcats | 2006-06-10 23:40 | 子ども
<< 鬼平犯科帳、再び 英語脳 >>